★最近買った優れもの――珪藻土の除湿スティック

カラリ
   商品名、『カラリ』。1cm幅、5cm長、4本で300円。

キッチンの砂糖や塩はポットの中で塊になりがちです。
このスティックを1本、2本入れておけば、砂糖も塩も固まってしまうのをかなり防げます。

『カラリ』は四角いプレートとか、いくつかタイプがあり、消費者の使い勝手を考えています。
珪藻土ですから、汚れたら水洗いが効きます。
湿気を吸い取り、目いっぱいになれば日光に干せば回復します。

珪藻土のスプーンとか、珪藻土のポットなども最近は売り出されていますが、ちょっと高価。
安価な画像の商品でとりあえず満足しています。

★最近、何有荘前によく来るシジュウカラ
         シジュウカラ2

見上げて撮ったから、全体像が良く分かりませんね。正面横向きです。
スズメとほぼ同じ大きさで、頭と首が黒。そして首から腹の真ん中にかけて黒い模様。
この模様を「黒いネクタイ」と称します。
頬は白。羽は緑色がかった白黒でなかなか美しい。

都会地でも緑のある公園で良く見かけ、川崎に住んでいたころからのおなじみさんです。
ツピーッ ツピーッ ツピーッと良くさえずります。
小鳥にも縄張りがあり、昨年まではほとんど見かけなかったのに 最近よくやって来ます。

200mほど離れた電線には数十羽のムクドリがよく止まっていて、かしましい。
あの集団はいつもそこどまりで、何有荘前には来ません。
集団でやってくると迷惑なので、縄張りを拡張しないようにと切に願っています。

シジュウカラの仲間にはコガラ、ヒガラ、ヤマガラがいます。
このうち、ヤマガラのお腹は赤くて、一番の美人のような気がしますが、あまり見かけません。
もう少し山林ぽい場所が好きなのでしょう。

今、一番大声で鳴いているのはオオヨシキリ。
姿が見えないけれどウグイス、コジュケイ、ホトトギス。
今年からシジュウカラが加わり、にぎやかになりました。

何有荘前の大正堰には、天気が良いと海岸方面からアジサシという白い鳥が飛んできて、狙いをすまし、ダイビングして魚取りをします。
今日は雨模様なので来ていません。かわりにツバメが超低空飛行で飛んでいます。
今日はこれから大雨になるとの予報でした。
昔からの言い伝え通り、「ツバメが低く飛ぶときは雨」 です。


★梅仕事二題、減塩梅干し、梅シロップ

梅干し
     左=完熟梅1kgで梅干し  右=青梅1.5kgで梅シロップ

梅雨の頃は梅の実が成る季節で、農産物直販所にもスーパーにも梅の実がずらりと並んでいます。
だからこの時期の長雨を梅雨といいます。
車を走らせれば車道に、だれも利用しなくなった梅の実がいたずらに散らばっています。
もったいない。

左の梅は直販所で購入した2Lサイズの熟した南高梅。梅干し用です。
右はその翌日、思いがけず里山の仲間から頂いた青梅。シロップ用にしました。
さる牧場で牛糞を購入した時、そこのご主人からいくらでも持っていけ、と言われて大量に収穫したそうで、そのおこぼれを頂戴しました。

減塩梅干し作りは今年が2回目で、まだ試行錯誤中です。
ふつう、梅干しは塩分20%ですが、減塩は8~10%程度。
塩分が高いほど保存性が高まり、低いほどカビやすく失敗しがちです。

今回は黄色く熟した梅1kgに砂糖100g、塩100gで漬けてみました。
おもしは二重にしたポリ袋で水おもし1kg。こうするとおもしが梅に密着します。
1日に1cmぐらい梅酢が上がってくるので、1週間後には梅酢に全量が浸ることでしょう。

梅シロップは定石通りに青梅と氷砂糖を等量。
梅と氷砂糖を交互にサンドイッチ状にビンに詰め込めば仕込みは完了。

どちらも良く洗って乾かしてから「なり口」を取り除きます。
これが残っていると雑味が残り、色も悪くなります。

大活躍するのが35°焼酎で、雑菌・カビ菌防止にビンや器具、梅に直接吹きかけます。
少々多いかなと思うほど吹きかけても後に残りません。やがて飛んでしまいます。

ビンの中の梅が空気に触れているとカビる原因になります。
「水おもし」をしたのは空気を遮断する効果を狙ったものです。

仕込み初期は梅酢が少量しかありませんから、空気に触れて乾燥した部分はカビる心配があります。梅から上がってくる梅酢はそれを防止する効果があります。
時々ゆすったり傾けたりして、すべての梅を梅酢に触れさせておけば防止できます。
それでも心配ならば焼酎霧吹きで解決できると思います。

さて、今年の梅仕事はこれでお仕舞いにしようと思っていたら、別の知人から庭の梅の木の梅を全部上げると言われました。
義理があるので断るわけにもいかず、明日晴れならば採りに行きます。
3kg前後は取れるでしょう。
また仕込まなくちゃ。


 
 

★紅花が咲き誇る長福壽寺の境内

長福寿寺
   奈良・平安時代に上総は紅花の一大産地であった

平安時代の『延喜式』という本には諸国の納入すべき物産が書かれており、上総の国からは中央政府へ税金の一種として紅花が納められていたことがわかります。

上総の国のどこかとまではわかりませんが、現在の長生郡長南町では町おこしの一環として紅花祭を開催しています。
久しぶりに暇ができたので、車で40分、花を見に、祭り会場の長福寿寺へ出かけました。

長福寿寺は通称で、お寺の看板によれば日本一長い勅語号を持つお寺だそうです。
   『三途河頭極楽東門蓮華台上阿弥陀坊大平埜山本実成院長福寿寺』
まぁ読めませんね。漢字四文字ずつを区切って読めば、何とか読めるでしょう。
  さんずがとう/ごくらくとうもん/れんげだいじょう/あみだぼう/たいへいやさん/
  ほんじつじょういん/ちょうふくじゅじ―――と読む天台宗の古刹です。

戦国時代末期、この地を治めていた長南氏が攻め滅ぼされ東北に逃れ、そこで長南の遺民たちによって紅花が栽培され、江戸時代には東北が一大産地になりました。

私的なことですが、仙台松島湾の寒風沢(さぶさわ)島に従兄が暮らしています。
亡くなった伯母は旧姓が長南で、長南姓はめずらしくないそうです。
この島の高台に、長南氏の顕彰碑があることから察すると、上総を落ちのびた長南氏は波穏やかな寒風沢島に上陸し、そこから東北各地に散ったものと思われます。

紅花の花だけを摘んで花弁を洗い、発酵させて臼でつき、団子状に丸めてから延ばして天日干しすると「紅餅」という商品の完成です。
これを日本海の千石船を使って敦賀に運び、なんだかんだで京大阪の商人に届き、紅花染めやお化粧用品や薬になりました。

紅花の先端の花だけを摘むので、別名が「末摘花」。
末摘花といえば「源氏物語」にでてくるきわめて個性的な女性が思い浮かびます。
鼻が異様に高く、ぶつぶつ穴があり、鼻先が赤い。だから末摘花なのでしょう。
ブスで琴の腕前も和歌もその文字さばきもイマイチで、落ちぶれた貧乏宮家の娘です。
しかもファッションセンスが一昔前のバブリー時代のものというヒドイ書かれ方です。

しかし、光源氏はその控えめで、ひたむきな優しい性格を愛します。
プレーボーイ光源氏もいいとこあるじゃんと思ったものです。

末摘花を知ったのは古代の海外貿易のことを調べている時で、
菅原道真の建議で遣唐使が廃止され、海外の文物の流入が止まりました。いわば鎖国です。
末摘花がまとっていたのはクロテンのショールで、それはシベリア地方の動物の毛皮です。
宮家がまだ豊かであり、海外貿易が盛んだったころの名残です。

精一杯着飾った姿に光源氏は興ざめしますが、その心根(こころね)に感じるところがあったのでしょう。
昨今のプレーボーイタレントの行状や、政府高官や政治家のウソ八百にウンザリしています。
紅花を見るたびに、末摘花を捨てなかった光源氏を思い浮かべます。


 
 

★スズムシ誕生

スズムシ
   生まれたては真っ白。本体3mmひげ6mmぐらい。木炭の上に乗っている。

毎年、スズムシを育てています。
誕生日はだいたい6月4日、六ム四シの日と覚えておくと忘れません。
そこ頃から毎日点検し、今年は6月8日でした。少し誕生が遅れました。

誕生に気付かず、エサがなくとも、そう心配はいりません。
小さい体ですし、自分の抜け殻を食べて生き延びるので、生後3日ぐらいは平気です。
それでも足りなければ共食いをして強い者が生き延びます。
次々とわんさか生まれてくるので、共食いで全滅などありえません。

とはいっても、それは過酷で気の毒ですから、朝一番でスズムシのエサを買いに行きました。
市販のエサでなくとも煮干しや削り節を与えておけば大丈夫ですが、市販のエサの方が扱いやすくて便利です。

これからが虫の世話で、大変といえば大変ですが、楽しみといえば楽しみです。
だんだん成長していく姿を見るのは虫でもうれしいものです。

主食は市販のスズムシのエサ。
水分補給はスイカの皮やキュウリやナスのスライス。
ナスの方が日持ちがするし、スズムシも好みます。
サツマイモ、ニンジン、カボチャなど余った野菜の切れ端なんかでも食べます。
時々、霧吹きでケース内の湿度を調節します。スズムシどもはワーッ雨だ雨だと逃げ惑うのもおかしく、かわいい。

最も気を遣うのはケース内のあれこれがカビること。
エサやナスなどは小皿にのせる、楊枝で刺すなどしてマットに直接触れないようにします。
食べ残しを放置せず、撤去すればさほどカビを心配することはありません。

日本人は昔から鳴く虫が好きだったようで、万葉集や源氏物語にも登場します。
世界中、多くの地域で鳴く虫がいるはずですが、虫の音に気付かない民族が多いそうです。
小川のせせらぎ、風の音、波の音、そして虫の音などは脳内で雑音として処理され、聞こえていてもやがてホワイトノイズになって、気にならないのだと言います。
たしかに、南方地域で虫の音がすさまじければ雑音にちがいありません。

それに対して日本人はそれらの音を脳の言語野で処理するために敏感で、多くの擬態語、擬音語が存在します。
ところが、海外育ちの日本人は外国人と同じようになってしまうそうですから、生物学的特性ではなく文化的な環境に由来すると考えられています。
その決定的な違いは、日本語が母音終止という特徴にあるといいます。

strike  という単語は1音節ですが日本語では5音節になります。
母音終止のポリネシアのある民族は虫の音を聞き分けるとか。

ウソか本当か知りませんが、学者さんも大変ですね
それはそうとして、もしスズムシを飼ってみたいという人がいたらご連絡ください。
いくらでもお分けいたします。


 

★梅雨の合間のオオヨシキリ

オオヨシキリ
     スズメより少し大きく、目立たない配色の夏鳥だが

何有荘前の葦原にはオオヨシキリが陣取り、朝早くから夕刻まで大声で鳴き叫んでいます。
ギョシギョシ、ケケッチ、ケケッチ、ギョシギョシ、ケケッチ、ケケッチ
その鳴き声から俳句の世界では、行々子(ギョウギョウシ)という別名がついています。
我が家では勝手に、ゲゲッチと名付けています。

  能なしの 眠たし我を 行々子    芭蕉
  行々子 大河はしんと 流れけり   一茶

葦原のアシの発音が悪しに聞こえるのを避けるため、葦原を吉原と言い換えて
そのヨシ原を切り裂くように叫ぶのでヨシキリ。
小型のコヨシキリと区別するため、オオヨシキリと命名。
コヨシキリはまだ見たことがありません。

学生だったずいぶん昔の頃、『沈黙の春』という書物が世界に衝撃を与えました。
化学薬品、農薬の大量散布で、春になっても小鳥のさえずりさえしない沈黙の春 Silent Spring .
このままだとそうなるであろうという警世の書でした。

小鳥の声がしないからさびしい、というよりも大量の農薬・化学薬品が人類の生存をも脅かすことになるだろうという指摘でした。
幸いにして最近はその使用量が控えられるようになりました。
いすみ市でもホタルが増えたという話を聞く機会が増えています。

それでもなお、今でも農薬の空中散布は続いており、
その日は外出を控えるようにと、市役所からお知らせがきます。
蜜蜂の大量死で作物の受粉がうまくいかないという話も世界中で進行しています。

オオヨシキリが生きていく葦原は、昔は河川の川口付近に広大に広がっていましたが
工場地帯へと埋め立てられ、生存条件が極端に悪くなり
千葉県の要保護鳥類に指定されています。

そんな千葉県でもこの近辺は農業衰退にともなって耕作放棄地が増え
葦原が広がり始めています
あまり良いことだとはとても思えませんが、野鳥にとってはラッキーなのかもしれません。

今日も朝早くからオオヨシキリが大声で騒いでいます。
あんなに騒がないと縄張りが守れないのかと、ちょっと気の毒になります。

それでもまぁ、安眠妨害だとブツブツ言うくらいの方が、人間にとってもオオヨシキリにとっても暮らしやすい世の中であることは確かでしょう。