★キンモクセイの香り

キンモクセイ
     東京から2週間遅れでキンモクセイが満開になった

小学生だったころ、展覧会などで金賞・銀賞・銅賞の次が佳作でした。
だから 「佳作」 とは残念賞ぐらいの意味だと思っていました。

一方、同級生に圭子さん、桂子さんという人がいて、ヨシコさんかケイコさんでした。
桂とか圭が素晴らしいという意味であることはずいぶん経ってから知りました。

中国に桂林という風光明媚な観光地があり、ずいぶん前に行ったことがあります。
山水画のような景色とともに有名なのはキンモクセイの町ということでした。
その季節になるとキンモクセイの香りに町中が包まれ、だから 「桂林」 だと聞きました。

キンモクセイは中国語で丹桂とか桂花といいます。
見目麗しく香り高い赤い花が咲く樹木という意味ですね。

キンモクセイは外来種で、江戸時代に日本に輸入されました。
香り高い庭樹として珍重されましたが、昭和の頃なると庶民の家庭にも普及し、汲み取り式便所の悪臭をごまかすために便所の周囲に植えられるようになったそうです。

化学合成の香料は臭いが強すぎぎて、嫌いだという人は多くいます。
洗剤だか香料だかのCMも臭いがきつそうです。
そんな人が電車の中で隣にでもいると、もう“香害“だという人の気持ちもわかります。

やはり自然な香り、ほのかな香りが一番良い。

車で通りすぎれば香りも何も気づきません。
散歩の途中でキンモクセイの香りがすると、おや、どこだろうと探してみたくなります。
キンモクセイの香りがただよってくると、もう秋だなぁと実感します。



 

★今年もイチジクの赤ワイン煮つくり

イチジクワイン煮
     大鍋に材料を全部入れて煮るだけ

生産者の方と知り合い、もしくは生産者の直販所を知っていると何でも安く購入できるので、田舎暮らしを決断して良かったねといつも感謝しています。
スーパーで買うよりずっと安くて新鮮です。

画像のイチジクは毎年購入している“五平山”さんのイチジクで、もうそろそろイチジクの季節も終わりだと言っておまけしてくれました。

【材料】 ①イチジク2000g ②赤ワイン、水 各500cc ③砂糖 400g ④レモン果汁 1個分

【作り方】
 1.たっぷりのお湯(60℃以下)を用意し、ヘタをぎりぎりで切り落とした実を入れて
   かるく洗ってザルにあげておく。
 2.大きなお鍋にキッチリ並べ、赤ワイン、水、砂糖、レモン果汁を入れる。
   家の大鍋ではイチジクが2段重ねになってしまいましたが気にしない。
   そのうち全部液体に浸ります。
   台所にあったクローブとシナモンを少々振りかけました。気分の問題です。
 3.フタをし、落としブタ。強火で沸騰させ、沸騰したら弱火で30分。火を止める。
 4.翌日、もう一度火を通し、しっかり煮込んで味を浸み込ませる。
 5.熱いうちに消毒したビンに封入して出来上がり。自家製シールを貼りました。

しっかり煮込んでありますからアルコール分は飛んでいます。お子様でもOK。
皮つきですから、しっかり煮込んでも煮崩れしていません。
瓶詰が6個できましたが、シロップが余りました。
これは捨てないで、牛乳やハーブティーに混ぜて飲むとしゃれています。

こんなに作ってどうするのかというと、月末にちょっとした親族の内輪の集まりがあります。
田舎に引っ込んでご無沙汰していますから、そのちょっとした手土産のつもりです。
まだ生きているぞ、という生存証明みたいなものです。
まぁそこで、みなさんに褒められようという魂胆なのです。
いつくつなっても ほめられたいものです。


 
 

★真東から昇る星はなんとなく神聖な感じがする

星空
     昨日(10/3)の23:30頃の東の夜空

夜空の星を見て星座なんかわからないという人でも、オリオン座だけはわかるという人は多いと思います。
冬の星座ですが秋でも夜更けになれば見ることができます。

オリオン座という言い方はギリシャ・ローマ神話に由来していますから、江戸時代まではそんな単語を知っている人はいません。

鼓(ツヅミ)星と言っていたのは猟師オリオンの姿絵よりも具象的で納得いきます。
オリオンのベルトが 「三星」 で、大阪市住吉区にある住吉神社の祭神です。
底筒男命(ソコツツノオノミコト)・中筒男命・表筒男命といいます。
筒(ツツ)とは大昔の単語で星の意味だそうです。

画像のようにオリオンが東の空から昇る時、三星は縦に一直線になって登ります。
最初に現れるのが表筒男、次に中筒男が昇り、最後に底筒男が姿を現します。
そんなことを必須の知識として知っていたのは古代の海洋漁労民族でしょう。
三星の位置で真っ暗な海洋上で東の方角、今の時刻を知ることができました。

さて、その三星から視線をまっすぐ上に伸ばしていくと、画像では 「あめふり」 そして 「すばる」に出会うのがわかると思います。
あめふりは牡牛座のヒアデス星団、すばるは牡牛座の肩にあたるプレアデス星団のことです。

どちらも星がごちゃっとまとまった場所で、空気が澄んだ場所で視力の良い人は見つけることができます。
いすみ市ではなんとか見分けられます。いすみ市に移住した理由の一つが星空が良く見えることでした。

それにしても 「あめふり」 なんて聞いたことがありませんね。
8世紀に編纂された『丹後国風土記』の逸文に浦島太郎の話の原型になった物語が記載されています。
海で出会った美しい乙女に誘われて蓬山(ホウサン)という神仙世界を訪れた時、門前で7人の童子、ついで8人の童子に「亀比売(かめひめ)様の夫がいらした」と出迎えられて不審に思います。
乙女は「7人の子供らは昴(すばる)で8人は畢(あめふり)だから怪しまなくてもいいですよ。」と言って門の中へ案内しました。
--とあります。

海上に昇る星々でみると、最初に現れるのが「すばる」、ついで「あめふり」が昇ります。
物語でもその順に出迎えられました。
すると、乙姫様が住む神仙世界とは、オリオンの三星=住吉神社の神様の世界だと類推できます。
そこは海の彼方か、あるいは海中にある宮殿なのでしょう。
時の流れがきわめて緩やかな不老不死の世界です。

今晩(10/4)は中秋の名月。
かぐや姫が住む世界もまた同様な世界でした。
しばし昔話の世界に浸って夜空を眺めるのも趣(オモムキ)のあることだろうと思います。


 
 

★もうすぐ中秋の名月

ソバ畑
   地元ではソバ畑が少しずつ増えてきました。

今年もあっという間に10月になりました。
しかし、今頃になって中秋の名月 (10月4日が旧暦8月15日) というのもおかしな気がします。
でも、中国でも韓国でもこの日が中秋の名月の記念日です。
韓国なんかこの日の前後が“お盆”で、今年は1週間も続く大連休だとか。ウラヤマシイ。

一般に旧暦と新暦は約一か月の差がありますが、今年は2か月近くの差があり、今頃が旧暦の8月だとは驚きです。
というのも旧暦では時々、うるう月なんて言うのがあって1年が13か月になります。
めんどくさいですね。

今年は 「うるう五月」 があったので、1年は13か月です。
「うるう五月」 以後は順に後ろにずれ込み、それで今頃になって八月の中秋の名月。
旧暦って不便なカレンダーだといえます。

その不自然なカレンダーのあおりは満月の日の設定にもおよんでいます。
旧暦カレンダーの8月15日 (新暦10月4日 )は、十五夜お月様のはずですが、月齢という月の満ち欠けを表す指数では、13.9 。
夜空を見て満月とはいえないなぁ、と思う人の観察眼が正しい。

もっとも、月齢とはその日の正午の値ですから、夜中の24時には0.5進んで 14.4になります。
カレンダーの翌日、旧暦8月16日 (新暦10月5日) の夜中の24時には 15.4
つまり、新暦10月5日の夜の月の出の頃が満月(真円)に一番近い月だ、になります。

旧暦十六日の夜の月を十六夜(イザヨイ )の月と言います。
昔の人も、この夜の月の方が満月に近いと思うこともあったことでしょう。
秋の月を愛でるならば、「十五夜」に限らず、その前後でも素敵だということです。

秋の虫もすだいています。
都会でも緑地ではコウロギは鳴いていることでしょう。
ちょっとばかり夜空を眺めて、秋の月を眺めてみる心のゆとりを持てば、あぁ世界は美しいと思えるかもしれません。

 
 

★秋祭り、ススキの穂の色は「まそお色」

ススキの穂
  真赭(マソオ)色とは赤系統で明るさを落とした感じの色。

日本では古来から硫化水銀から得られる辰砂の朱色が魔よけの色として使われてきました。
古墳時代の棺桶の内側に塗られたり、神社の鳥居の色に使われ、卑弥呼の時代には中国に輸出もされていました。

ススキと言えば十五夜お月さんですが、いすみ市近辺の秋祭りでも重要な素材です。
穂をよく見ると、ススキの若穂の色はかすかに赤味がかっています。それが霊力のしるしです。

ハツクニシラススメラミコト(初めて国を統治した天皇)の名で知られる崇神天皇は国内が混乱した時に、いずれの神様の祟りかを占うために [神浅茅ヶ原 カムアサジガハラ] で祈りを捧げました。
カヤやススギ、オギなどが生い茂る荒野は神の住む場所ように思われたのでしょう。
時代が下がると、浅茅ヶ原は鬼婆が住む場所と恐れられます。
現代では、箱根の仙石原などは一大観光地と化し、恐れる人はいなくなりました。

それでも昔からの伝統を引き継ぐ秋祭りでは、五穀豊穣・大漁祈願・悪霊退散のシンボルとしてススキは欠かせない素材です。
ついでに言うと、いすみ市に昔から住む人々は、祭りをマチといいます。古い日本語です。

そのススキが今年はめっぽう少ないのです。
天候不順のせいか、はたまた草刈り機で毎年のように刈られてしまっているからか、ちょっと寂しい気がします。
まそお色も鮮やかに出ていませんでした。

秋の虫のマツムシはススキに産卵しますから、ススキがなくなれば全滅するのは当然です。
今年はマツムシの声も聞こえません。
秋の七草の一つであるススキは日本の秋を代表する植物です。
空き地に生えているススキは、できれば刈り残してもらいたいものです。

*****

ゴーヤのちょこっと料理――画像がなくてごめんなさい。今年はゴーヤの当たり年。

①ピザパンの具。細切りにしてピーマン同様に使います。
②豚肉ロースの拍子木切りと色とりどりのピーマン、パプリカの細切りを油味噌炒め。

どちらもパパッと料理でゴーヤを簡単に消費できます。