★カツオのカルパッチョ

カツオ
   
   目には青葉 山ほととぎす 初鰹  山口素堂

春を代表する鳥ならばウグイス。
そして夏になったと実感するのがホトトギス。
魚ならば黒潮に乗ってやってくる近海のカツオ。

ホトトギスの初鳴きを聞くために徹宵したという話が枕草子にあります。
平安末期の歌人・源俊頼は次のように歌いました。

  聞かずとも 聞きつといはん 時鳥(ホトトギス) 人笑はれに ならじと思えば
 (ホトトギスの初音はまだ聞いてないけど もう聞いた言おう 笑いものにならないように)

初音を聞いたかどうか、が当時の人々の重要な話題だったことがわかります。

三浦半島からオショクリ船(押送船=早船)で徹夜で江戸まで運ばれたのが初カツオ。
1尾十数万円払っても買うのが粋な江戸っ子だったようです。

初鰹銭と辛子で二度涙――この川柳は粋を貫くために初カツオの高価さに密かに泣き、刺身にたっぷりつけた辛子で泣いたという江戸っ子のやせ我慢を笑ったものですが、カツオにはワサビではなく辛子でした。

現代社会では南洋まで行ってカツオを獲り、冷凍冷蔵技術の発達、輸送手段の革新によりいつでもカツオが食べられ、価格もぐっと下がりました。
でもやはり、ホトトギスの声を聴きながら食べるこの時期のカツオは格別です。

画像のようにカツオの刺身にチーズと辛子、マヨネーズを載せました。緑は豆苗(トウミョウ)。
醤油とオリーブオイル。ペッパーミックスをかけてあります。

チーズは地元の 「よじゅえもんチーズ工房」 の 『ミルクの精』 というリコッタチーズ。
原材料は生乳と乳精(ホエー)のみの手作りチーズ。
ちなみに市販のクリームチーズ「キリ」の原材料は生乳、クリーム、乳たんぱく質、食塩、乳化剤、乳精ミネラル、ph調整剤――添加物で味と香り、食感を演出しています。
よじゅえもんさんは夫婦二人の零細工房ですが、どのチーズも誠実さとこだわりの作品です。
カツオのカルパッチョにこのチーズを載せて正解でした。

カツオは近くの勝浦漁港直送の生カツオ。
何有荘から太東崎の青葉を眺め、ホトトギスの声を聴きながらのカルパッチョ―――こういう暮らしを現代では贅沢な暮らしというのでしょうね。
いすみ市ならば珍しくない暮らし方だと思います。


  

★田んぼにジャンボタニシの卵塊が

ジャンボタニシ
    気色悪いピンク色の卵塊

梅雨の季節になるころ、田んぼの苗はすくすくと育っており、時折吹く風になびく姿を見ていると心も晴れやかになる気がします。
足元に目をやればオタマジャクシが逃げ回っているのも愛らしく感じます。

その田んぼの泥の中にタニシが潜んでいますから、注意深く見ればすぐ見つかります。
しかし画像の田んぼでは、昔ながらのタニシはほぼ全滅。
田んぼのタニシは外来種のジャンボタニシに占拠されています。

ジャンボタニシは本名をスクミリンゴガイといい、タニシと名付けられてもタニシの仲間ではないそうです。
大変な悪食大食漢で、特に田んぼの苗などバリバリ食べてしまうので、特定外来生物ワースト100に選ばれています。
田んぼをよく見ると苗が部分的にすっぽり消えてなくなっている箇所があります。
農家の方の話によると、そこがジャンボタニシの食害の跡だといいます。

スッポンやコイが天敵だそうですが田んぼにはいません。いすみ市だとカルガモやサギの仲間が田んぼに降りてきて捕食するぐらいでしょう。
もともと人間様の食料として輸入繁殖させたものが、経営的につまずき放置され手全国に広まったそうです。
それで、知人の一人は実際に食べてみたそうです。
食べられるけど、あまりおいしくはなかった。もう一回食べる気はしないと言っていました。

被害を減らすためには卵の段階で駆除するのがさしあたっての方法でしょうか。
画像のようにどぎつい色のピンクの卵塊は棒でつついて水面に落下させれば、孵化しないと先ほどの農家さんは言っていました。
その方は先端に小さな網をつけた長い棒を用意し、田んぼのジャンボタニシを捕獲しては長靴でつぶすのだと言っていました。気の遠くなるような方法です。

田んぼの所有者でもない私たちができることは、散歩の途中で見つけた卵塊を棒でつついて水に沈めることぐらいでしょう。


 
 

★ドクダミ化粧水(ローション)で美肌になる

八重ドクダミ八重ドクダミ2
     八重のドクダミでも効果は変わらない

ドクダミはいやな臭いがする雑草として嫌われています。抜いても抜いても出てくるし…・
嘆くよりも積極的に利用することを考えています。
ドクダミ+ホワイトリカーで作るドクダミローションがあれば高価な化粧水なんかもういらない。

ドクダミの別名は十能(ジュウノウ)で、十の効能=多くの効果がある薬草という意味です。
どこのドラックストアでもドクダミ茶は売っていて、健康に良いらしい。
市販の化粧水をやめてドクダミ化粧水にしたら 肌が白くなった、きれいになった、黒ずみやくすみが消えたという便りをよく聞きます。

何有荘の相方は肌がきれいですねと生まれて初めて言われ、何を使っているのですかと尋ねられてびっくりしたそうです。ドクダミ化粧水と答えたら驚いていたと言っていました。
残念ながら、アルコール忌避性の人は無理ですね。

作り方
  ドクダミは根を切り落とし、汚れた葉、虫食い、変色の葉を捨て水洗い。
  よく水を切ってから半日程度干して、余分な水分を完全に飛ばす。
  2リットル広口瓶(梅酒用が便利)に葉のみをギュウギュウに詰め込む。
  35度梅酒用ホワイトリカーを葉が隠れる程度に入れて密封。
  2週間後から使えますが、1か月以上できるだけ長く漬け込んだ方がエキスが抽出される。


     化粧水

画像Aにぎゅう詰めに仕込まれたドクダミの葉はたぶん1000枚はあります。
画像Bは100均のボトル。こしたドクダミ化粧水の保存用。常温で1年以上もつ。
画像Cも100均のボトル。小分けして使う。1ccぐらいのグリセリンを加えシェークして使う。
画像Dが薬局で購入のグリセリン。ヒビ・あかぎれ用だがグリセリンを加えることでしっとり感が生まれます。

ドクダミ化粧水をググれば膨大な量でヒットします。
そのうちどこまでが確かなことなのか、専門家ではないのでわかりませんが、シミ・ソバカスの類が目立たなくなり、肌が白くなってくるのは何有荘の「人体実験」で確認済みです。

一度、せっかく買った市販の化粧水がもったいないからと、ドクダミ化粧水を中断して使ってみたら黒さが戻ってきてしまった--それから二度と市販の化粧水には手を出していないそうです。

以前、某有名化粧品メーカーの美肌クリームでひどい目にあった女性たちが損害賠償請求を起こしたことがありましたね。
美しくありたいという女性の願いを逆手に取った「きれいになるなる詐欺」みたいなものです。

庭の嫌われものドクダミが実は美肌の救世主であったなんて、信じない人は損をしています。
ドクダミは入梅前、花が咲く直前の頃に採集するのが良いようですが、採集期間は夏いっぱい大丈夫なようです。
八重咲のドクダミはドクダミと思えないほど可憐です。一輪挿しなんかにちょうど良い。
普通の十文字のドクダミだろうと八重ドクダミだろうと効能には差がないと思います。



 

★夏が来るから ヘビイチゴ焼酎液 の準備

蛇イチゴ蛇イチゴ2
    ヘビイチゴ  焼酎に漬けている。100均のビンに入れればちょっとおしゃれ。

田舎暮らしは自然がたっぷりといっても、いやな虫もうじゃうじゃいる季節になりました。
隣の奥さんはハガチ(ムカデのこと)に刺されたと言っていました。
今日は庭で巨大なオオスズメバチに出会いました。
気がつくと何に刺されたか、赤く腫れてかゆい場合もあります。

そんな時の特効薬がヘビイチゴ焼酎液。
ヘビイチゴ焼酎漬けという人もいます。
ちょっと気取って、ヘビイチゴローションというと高級な感じがしてきます。

これが実によく効くのです。
市販の虫刺され薬よりずっとすばらしく、塗ってすぐにかゆみや腫れが引いてきます。
信じる者は救われる。本当です。
だからこの季節になると毎年作っており、おすそ分けしたらフアンになっちゃった人もいます。

材料は庭のヘビイチゴと梅酒用のホワイトリカーだけ。
ヘビイチゴは食用ではありませんが、毒イチゴでもありません。
人間様が食べないので、ヘビが食べるイチゴと名付けられ、貶(オトシ)められて気の毒です。
いすみ市では荒れ地や路傍でよく見かけます。

採集したヘビイチゴの汚れを落とし、ビンに7~8分目まで入れます。
ホワイトリカーまたは35度の焼酎でビンを満たします。
 (ヘビイチゴと焼酎の割合は適当でかまいません。)
 (米焼酎、芋焼酎、ブランド焼酎なんでもOKだけど、ホワイトリカーで十分です。)
2~3週間も漬けておけばエキスがにじみ出て茶色の焼酎液になり、もう使えます。
使い勝手が良いように少しずつ焼酎液だけを別の小瓶に移します。
 (残った焼酎液のヘビイチゴは私は引き上げません。1年以上漬けたビンもあります。)
1年間、常温保存で使えます。


蚊に刺された時など1回塗れば十分効き目があります。
変な虫(アリ、ブヨ、ハチ、ムカデなど)に刺された時は、数分置いて2~3回。
虫刺されの腫れ、痛み、かゆみに効果があるということは、肌荒れに伴うかゆみにも効果があるということです。
アセモでかゆい時は清拭が肝要ですが、清拭のあとで塗ればかゆみ止め・腫れ止めになります。

春夏秋冬、その季節に得られる食べ物を食べるのが一番健康に良いと言われます。
虫刺されの季節になると生薬として利用できる野草がはえてきます。
大自然の仕組みって素晴らしいなと感心します。
積極的に利用したいものです。


 

★山菜シドケ(モミジガサ)を頂いた

シドケ

知人が岩手の実家に孫の顔見世を兼ねて行き、お土産に頂いたのが上の画像のシドケ。
桜の季節の山菜ですが、岩手ではまだ採集できたらしい。
知人は子供の頃よく山に行って渓流脇のシドケを採集したものがそうです。

早速湯がいて食卓に乗ったのが下の画像。左=おかか、右=胡麻和え
   シドケ2

湯がきすぎるとアクがまったくなくなり山菜のだいご味がなくなりますから、湯がくのは数分。
人によっては山菜の王様というだけあって、自然界のおいしい恵みでした。
次回は酢味噌か天ぷらにしてみましょうか。

シドケは標準和名がモミジガサで、葉が全開するとモミジ型に切れ込んだ傘のような姿になります。
おいしく食べる時期は、まだ傘が閉じた状態、あるいは開きかけた状態のものが若々しく、筋がありません。

わたしが良く行くフィールドにはなく、よく似たヤブレガサならあります。
ヤブレガサも山菜として食べることができますが、うぶ毛が多く、モミジガサはうぶ毛がありません。
湯がけばうぶ毛など気になりませんが、やはりピカピカ光り輝くシドケの方が上品です。

自然の恵みをそのまま頂くのが今の時代には一番のごちそうかもしれません。
知人に感謝していただきました。

   シドケ3 シドケ画像(ウィキから転載)