★ルンペンストーブ

ルンペンストーブ
   草刈り機のエンジン油缶で作ってみた

ストーブとは暖房機という意味ではありません。
火を焚く器具というような意味で、この場合は簡易調理器とでもいいましょうか、山野で一人二人分のコーヒーを飲みたい時などに使用する器具です。

何十年も前にテントを持って山野をふらついていた時に持参していました。
カマドを作るほどではないけれど、ちょっと温かい飲み物が欲しい時に枯れ枝や柴を使って簡単に効率的に湯を沸かせます。
現代ではガスボンベを持参して湯を沸かすことが一般化し、尾瀬など枯れ木や柴がない場所ではボンベの方が恰好が良いし、手軽なのでルンペンストーブを見かけることはありません。

今回は里山でギンナンを炒るために作ったものです。
ふるさとまつりで売れ残ったギンナンを山作業に精を出す仲間に、炒りたてのギンナンで提供しようと思ったわけです。

自宅で試した時はうまくいったのに、当日は雨の翌日でしたから思ったように燃えません。
見かねた仲間が電ドルで穴を増やし、ウチワであおいで何とか焚きつけました。
わたしの「理論」では開口部を細くすると、そこから流入する空気の速度が速くなって燃える効果が高まる――でした。
また紙は燃え尽きると空気の流れをせき止める灰の壁になるのでなるべく少量とする――でした。

だからちょっと不満でしたが、せっかく仲間が一生懸命努力し、結果として火がついたのですから文句はありません。
何事も理論と実際とは異なるものですし、現場の状況はいつでも千差万別。臨機応変が大切だと思い直しました。

ちなみに、昔、使用していたのは2ℓ缶。今回は4ℓ缶でちょっと使い勝手が違う。
穴をあける場所は、底面と側面4面の下部と、上面の五徳に対応するいくつかの穴。
ところが、いくつ穴を開けたら良いのか、昔の経験が想い出せません。
それで適当数の穴を開けたのですが、不適当な数だったのかもしれません。

ルンペンとは貧乏人、乞食という意味で、ルンペンストーブは乞食の調理器具の意味です。
昔、学生だった頃、ルンペンプロレタリアートという単語を覚えたことがあります。
最下層の労働者という意味で、組織労働者と比べると自分勝手で目先の利害に流れやすいと説明されました。
現代ではルンペンの単語は死語ですが、自己の目先の利益を最優先する人々がいることは常の世のことでありましょう。
自己犠牲は美しいが何かアヤシイ。かといって利己主義はミニクイ。
どう生きるか、なかなか難しいことです。

そんな話はどうでも良く、ルンペンストーブは放置・廃棄された自然素材を燃料としていますからエコで、相当量の熱量も得られますから調理器具として優秀です。
高価なガスボンベ燃料を買うなどという現代的な便利だか不便だか分からないシステムよりずっと原始的で使い勝手が良い。
電気もガスもないという非常事態の災害時に役立つ一品かもしれません。
なお、使用時は下の端にレンガなどを敷いて、底面からの空気の流入を確保します。


 

★今年は柚子(ユズ)が豊作で

ゆず
      柚子と言っても小型なので、これは「花ユズ」らしい。

昨晩はすごい雨で、夜中に目を覚ましました。
雨雲レーダーによると、時折、50mm/hを越す雨が降ったようですが、警戒警報どまりでした。
今年は雨続きです。

ユズが今年はダメだったという知人が多い中で、何有荘のユズはどういうわけか豊作です。
もっともろくに手入れしていませんから、葉やトゲにこすれて見栄えはあまりよくありません。

ユズは薬味として利用すると、これぞ日本の味という優れものですから、これだけあれば当分はユズに不自由しないでしょう。
見栄えの良いをむいて千切りにして、密閉して冷凍保存します。

ユズの果汁はお酢代わりになりますから、搾り取り、ほんの気持ち塩を加えて冷蔵保存です。

ユズのは捨てないでください。
ユズのヌルヌルの種を適当な瓶に入れて、焼酎(35°)で満たして1週間もすればユズローションができます。
いつも適当量で作っていますが、計量したい人は種の重さの10倍量の焼酎で良いと思います。
もちろん、種がもっと多くてもかまいません。
種は引き上げる人が多いようですが、何有荘では1年間、そのままです。

冬になると空気が乾燥し、TVでは乾燥肌対策、かゆみ止めのCMが増えてきました。
わたしも乾燥肌なので、ついうっかり掻いてしまうと、ますます痒くなります。
そんな時、このユズローションは抜群の働きを示します。
何も高価な薬を買う必要はありません。

痒い時や風呂上りにたっぷり使います。
塗る時にほんのちょっとグリセリンを使うと良いでしょう。

何有荘の手作り三大ローションはユズローション、ドクダミローション、ヘビイチゴローション。
ドクダミローションは美肌効果があり、ヘビイチゴローションは虫刺されに効果てきめんです。

さて残ったのは、黄色い皮をむいた後の白い綿、見栄えの悪すぎる皮、そして袋。
これらは大型の麦茶用小袋に入れてユズ湯です。
なにもユズ湯は冬至まで待つ必要はありません。いいユズ湯になります。
丸ごと使い切ってこそ、ユズも本望でしょう。

さて風呂に入れた袋の中身の処理はというと、生ごみ堆肥です。
家庭ごみのかなりの部分は食品ロスや生ごみ。
その7~80%は水分ということですから、行政は生ごみなど税金で集めて水分を飛ばして焼却しているわけです。
各家庭で生ごみをたい肥化すれば、税金を減らすことができるかもしれません。
生ごみが堆肥になれば、肥料をホームセンターに買いに行かないでも済みます。
けっこう有効な肥料効果がありますよ。



★手作りみりん開封

みりん開封

2月に仕込んだ味醂(ミリン)を今日、開封しました。
仕込んで半年寝かせれば出来上がりですが、じっくり寝かせておきました。

一度、本格的なみりんの味を覚えてしまうと、やっぱり手作りの方がおいしなぁと思います。
材料の配分を変えて味の調整ができるのも手作りの魅力です。
でも最近は毎年以下の配分で作っていますので、いわば「手前みりん」の味と言えるでしょう。
  焼酎35°700cc  米麹500g  もち米3合――材料はこれだけです。

焼酎は本格的な乙類よりも、色・味にクセのないホワイトリカーを使っています。安いし。
米麹は味噌仕込みに使う麹と同じ。最近はいつでも麹がスーパーに並ぶようになりました。
もち米は地元産の「満月」。うるち米よりももち米の方が甘くなる。

もち米を「おこわ」で炊いて50°~60°に冷まします。
出来立てに焼酎を混ぜて急速に60°にしてもかまいません。
焼酎の殺菌力で麹菌はオダブツですが、麹菌に含まれる酵素も60°以上だと破壊されてしまいます。
この酵素の働きで寝かせている間に、もち米のでんぷん質が糖化されて甘味が生まれます。
その他、みりんが持つ様々な成分、栄養素も酵素の働きだそうです。

本日の作業は、ビンの中の味醂と味醂粕を分離して保存すること。
画像右のように花鉢置きを使い、目の細かいザルの上に濾し布を置き、その上から目の粗いザルを載せ、そこへオタマですくって少しずつビンからザルへおよそ半量を移します。

目の粗いザルから大かた液が落下したら取り外し、セットになったボールの上に移し、
新たなザルをセットして、またビンからザルへ中身の半量を移します。

一度にドバっと濾すよりも少しずつの方が、結局は早く済むとは経験です。
先にセットしたボールにも、まだ後から流下した液(ミリン)が貯まっています。
これもみりん本体に合流させます。

昨年は、味醂粕に圧力をかけ、味醂を搾り取ったのですが、味醂粕の使い勝手が悪くなりました。
だから今年は圧力をかけず、自然流下で一晩過ごすことにしました。
適度なみりんを含んだ味醂粕は冷蔵庫保管です。
みりんは室温保管でいいのですが、冷蔵庫保管の方が安心でしょう。

世界遺産・日本料理の秘訣は味醂の使い方次第。
煮物には必須ですが、そばつゆにもその使い方が味を左右するとは漫画「そばもん」(山本おさむ)からの受け売り。

今年も上出来のみりんが仕上がって万々歳です。(自画自賛の典型)



★干し柿、うまくできました。

干し柿

さほど若い柿ではなかったので10日ほどで完成しました。
台風の時は室内に取り込み、扇風機の風を当て、陽が出れば室外で干しました。
外側が白く乾燥して来たら、2回ほど柔らかく揉んで品質の向上をはかりました。

しっとりした「アンポ柿」状態で収穫し、試し食い。
自分で作れば何でもおいしいものですが、こりゃオイシイと感激、自画自賛。

柿はタダで入手しましたから、この立派な干し柿だってもちろんタダ。
だから田舎暮らしはやめられない。
地元ではいたずらに柿が地面に落下しています。
持ち主にちょっと声をかける勇気があれば、柿がゲットできるでしょう。
上手くできたら、持ち主さんにいくつか持参してお礼をします。
ありがとうございました。

さて、今週食べる分はラップして冷蔵庫保管。
それ以上はラップしてジップロックに入れ冷凍保存にしました。

ここ数日、快晴が続いています。
冬になると空気が澄み、夕方になると153kmほど離れた富士山の頂上が見える時があります。
夕日に赤くなった西空にシルエットになった姿を見ると、あぁ今日も良い一日だった、と心が優しくなります。
           富士山



★干し柿作り

干し柿2
     23個ぶら下げた

知人の庭のほったらかしの柿の実を収穫して干し柿にしてみました。
何という品種かわかりませんが、扁平で四角っぽい実です。
かじってみるとやや渋味があるので干し柿にしてみました。

干し柿は渋柿が一番良いのですが、甘柿だって干し柿になります。
まだ固い柿が良く、熟柿かげんの柿、熟した柿は干し柿には適しません。
吊るすとやがて、首のところからちぎれて落下してしまいます。
だから熟柿かけている柿は、干物ネットで干せば干し柿になります。

渋柿が干し柿に適しているのは甘柿よりも糖度が高いからです。
アルコール処理などされてシブが抜けた市販の柿も干し柿になります。

干し柿にするには枝ごと収穫し、ヘタについている枝がT字型になるように処理すると吊るしやすい。
皮をむく時やT字枝に紐を結ぶ時、裸の実に直接、指で触れてしまいますから、事前に手指を良く洗っておいた方が無難です。
そこからカビが生えたりしますから。

できるだけ実と実がぶつかり合わないように吊るします。
干し柿作りの大敵は水分・湿気。味方は乾燥(陽光、風)です。洗濯物と同じ。
密着していると乾燥しにくい。その個所の湿度が高い。

同様に、雨に濡れるのは厳禁。朝露だって本当は良くない。
だけどお日様に当たると多少の表面の水分はすぐ蒸発してしまうので、気にしない人もいる。

数日間日光浴させていると表面が白くなり、乾燥してきたなと実感します。
だけど、夜間になるとまた実は湿気てきます。
表面からの蒸発量が減り、内部から表面への水分の浸出量が多くなるからでしょう。
だからまだ乾燥を続けなくてはなりません。

1~2週間たったら、実を優しく揉んであげて内部構造を破壊して均一にした方が良い。
そんなことしなくたって干し柿になりますが、した方がグレードアップします。

どこで仕上がったかを判断するのは個人の好みです。
とりあえず渋味が抜けていればいいわけです。
アンポ柿のようにしっとりした段階で良しとするか、コロ柿のようにやや硬い方が好みか。
保存性はコロ柿のようにしっかり乾燥させた方が高くなるのは当然です。

日に当てて干し柿にするか、日陰で干し柿にするかも意見の分かれるところです。
どちらでも干し柿になりますが、日に当たる時間が長いと黒っぽくなるようです。
だからコロ柿の方が色が黒い。
あめ色の干し柿が好みなら、深窓の令嬢のごとく日陰で風通しの良い場所が最適です。

夜間、室内に取り込むかどうかも意見が分かれます。
夜露に濡れたって一日中お日様に当たっっていても干し柿になります。
朝露に濡れるのはイヤダというならば取り込むべきでしょう。

わたしは画像の干し柿程度の数ですから取り込む手間も大してありません。
夜間や外出中に雨が予想される場合は取り込んでいます。