★はぐれミニトマト 


   温室替わりの風呂場にて

11月の末ころの話です。散歩の途中で何やら気になる植物が目の端に引っ掛かりました。
引き返してよくよく見てみれば、どうみてもミニトマトの苗です。
ガードレールの向こう側、溜池の急斜面の土手ですから、そこに誰かが植えたはずがありません。

可能性としては *トマトの種が風で飛んでここに落ちた。
          *だれかがトマトを運ぶ途中でここに落とした。
          *小鳥の糞に混じってここに落ちた。

どれもあまり現実的ではないので不思議です。
トマトかどうか、半信半疑で掘り起し、比較的温かな風呂場に置いて育ててきました。
風呂場は南に面して日がよく当たります。
窓ガラスはペアガラスですから冬の早朝でも室温は10℃を下回らず、窓際の少ないスペースを温室替わりにしているのです。

どうみても見慣れたミニトマトで、今月に入って黄色の花を咲かせました。
しめしめ、拾ってきた苗でミニトマトが食えるぞ――と思ったのは浅はかだったようです。
花は咲けども実はならない。

調べてみるとトマトは自家受粉だそうで、揺すってやるとかして受粉を促す必要があったようです。
虫がとまれば虫が受粉を媒介するし、停まった時の振動でも受粉するのに、虫も風もない室内だから結実しなかったらしい。
もう一つ考えられるのは栄養不足。トマトはかなり広く根を張りますが、小さなポットでヒョロヒョロ伸びているから、結実するだけの体力がないのかもしれません。

昔からジャングル風呂とまではいかないでも、風呂場に緑が欲しいなぁと思っていました。
結実はしないもののバスタブに浸りながら窓際の緑を眺めるのはなかなか良いものです。

  

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント