★手作り味醂(ミリン)の季節です 


  梅酒用の瓶が便利です

塩麹の大ブレークで米麹が例年よりもずっと多く直販所に出回っています。
味醂は誰でも簡単にできる発酵食品で、一度手作りしてみると市販品との違いに驚きました。
市販品は戦中戦後の物資の乏しい時期に代用品として開発された“化学製品”のような気がしています。それは“日本の味もどき”と言ったら言いすぎでしょうか。
作り方は簡単でまず失敗はありません。

◆純みりんの作り方
1.もち米3合を炊飯器の「おこわ」目盛り3の水で炊く。
  おこわ機能がなければ、白米の目盛りで2合半ちょいの水で炊く。
  事前に芯が残らぬように6時間程度は水に浸しておきましょう。
2.炊きたてモチご飯の粗熱が取れたら梅酒用のビンに軽くほぐしながら入れる。
3.アルコール度35度の焼酎900ccをビンに入れる。
  するとビンの中の温度は40度位の適温になる。
4.米麹500gをよくほぐして入れ、ビンの中全体をよくかき混ぜる。
  焼酎が不足している気がしてくるが、気にしない。
5.フタを密閉する。さらにビニール袋に入れておくと安心。
6.3か月寝かせて出来上がるが、半年ほど寝かせた方がよりおいしくなる。
7.漉して出来上がり。食塩を加えて酒税法対策とすべし。

補足
1.そのまま放置しておけばOKだが、時々ビンを揺すってやればなお良い。
2.市販のみりんより色がずっと濃く仕上がる。アミノ酸が多いからだそうだ。
3.手指や道具類、ビンはフタも含めて煮沸消毒かアルコール消毒を丁寧にしておく。
  焼酎で拭いて消毒しても良い。
4.副産物として【酒粕】ができる。 この酒粕を使った料理はひと味もふた味も違う。
5.出来上がったみりんは「甘いお酒」。そのままだと酒税法違反となる。
  塩を2%混ぜると「お酒としては飲めない」と税務署が判断する。ヘンな話だ。
  戦時立法が今日まで続いている悪法の一つでしょう。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント