花粉症対策--ビタミンP

    
      柚子の砂糖漬け

ビタミンPとはビタミンの様な働きをする物質で、ミカンの皮に多いヘスペリジン、蕎麦に多いルチン、玉ねぎに多いケルセチンなどの総称ということです。
ビタミンPを含むミカンや蕎麦やタマネギなどが花粉症にもよく効くという「ウワサ」がネット上で飛び交っています。

画像は1ヶ月ほど前にわたしが作った柚子の砂糖漬け。
10分間でできる超簡単「料理」です。
1 柚子を良く洗い、ヘタを除いて丸ごと適当に短冊切り。
2 消毒したビンに柚子と砂糖を交互に入れて保存。
火を通してもいないのに3週間もすればおいしくいただけます。
種も実も皮も汁も一緒ですからビタミンPがたっぷりです。

食べ方は、コップに1~2匙(サジ)入れて熱湯を注いで飲むのが普通。
そのままいただいてもおいしい。
少々の苦味があるのが柚子らしいところです。

熱湯に溶かして飲むのは韓国の柚子茶と同じです。
韓国の柚子茶は加熱して作りますから「柚子のマーマレード」といった方が正しい。
柚子マーマレードを熱湯に溶かして飲むのが韓国式の「柚子茶」です。

韓国の柚子茶はヘスペリジンが多くて花粉症に効くとか言われています。
ヘスペリジンは実よりも皮、皮よりも筋・綿に多いそうですから、丸ごと食べてしまうマーマレードは花粉症対策に良いはずです。
それならば、わたしの作った砂糖漬けだって効くでしょう。

最近の話題は、「じゃばら」というミカンが花粉症に効くと報道されていました。
その前は摘果して捨てていた「青ミカン」が効くと報道されていました。
柑橘類にはどれにもヘスペリジンは含まれています。
別に普通のミカンにこだわらず、ポンカン・キンカン・デコポン・甘夏・ブンタン・ハッサク・イヨカンにネーブル、レモンなど、どれでも好きなものを毎日食べ続ければ良いかもしれませんネ。

では本当に花粉症に効果があるのかどうか
阿久悠さん風に答えれば――♪ウワサを信じちゃいけないヨ。

おいしければ良し、花粉症に効けばさらに良しというところでしょうか。
季節の物をたくさん頂くのが、免疫力を高め、季節の病を治す王道かもしれません。
季節のものですから、なくならないうちにマーマレードかピールにしておこうと思っています。

  

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント