★農業用逆サイホン式水路 

 

いすみ鉄道・総元(フサモト)駅から夷隅川方面に車で南下している途中、大きな橋の手前、左にあるコンクリの構築物に眼がとまりました。なんだろう?

車を停めて1.5mほど這い上がると、そこは水田が広がり、構築物(画像B)の真ん中からこんこんと水が湧きだしておりU字溝水路に流れ出ておりました。
これは明らかに農業用水路ですが、なぜコンクリ構造物から水が湧きだしているのか判りません。
周囲を見渡すと、道路の反対側にも似たような構造物(画像A)を発見しました。
そちらに渡って点検すると奥のトンネル状の水路から水が流れ込み、構造物の中に消えていきました。

それで判りました。画像のAの構造物から、手前のBの構造物へと水が流れているのです。
ABの間には道路があるので水路は道路の下を通っているはずです。
このような水路を「逆サイホン式水路」あるいは「伏越し式水路」と 呼びます。

金沢の兼六公園にある噴水は動力を使っていない自噴式で、背後の山から導水しており、その水圧で噴水となっていると何かで読んだ記憶があります。
江戸の井之頭公園から江戸市内までの導水路の一部は神田川の上を懸樋(カケヒ)で渡っておりました。それが「水道橋」の語源です。
江戸時代にはそのような導水路(=水道)を造る土木技術がほぼ完成していたのですからたいしたものです。

ここの逆サイホン式導水路がいつできたのか、コンクリ製ですからそんなに昔の話ではないでしょうが、逆サイホン式という技術そのものは江戸時代には確立していた技術です。
そんな技術が目の前で見られたことが大発見のように思えてうれしくなりました。
地元では見慣れた風景なので気にも留めないのでしょう。
ハイキングコースなのだから、看板の一つでもあれば良いのにと思いました。

夷隅川はここから10数メートル下を流れています。目の前に川があってもここの台地は水田にはなりません。
しかし水田を作り稲を育て米を食べたい、米を都市に供給するのが農家の使命だという情熱からこの農業用水路を建設することになったのでしょう。
どこか上流から川の水を引き込んで延々と網の目のような導水路を人力で構築してきたはずです。
現代ならば電力を使ってのポンプアップが可能ですが、そうではないことがこの用水路の起源の古さを物語っています。

先週アップした 河伯神社 には関東大震災で破壊された用水の復興記念碑がありました。
このような水路があちこちで破壊され、水田の望みが消えかかったのでしょう。
外房地域では場所によっては1mの土地の隆起がありましたから、ここ山間部でも相当な被害があったことが判ります。忘れてはならない事実です。
 

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

わかりました。ありがとうございます

ゴムホースで実物ミニチュアを作って実験すると一発了解ですね。構造物の水平をとる時も同じ方法が便利です。

だんだんサイホンについて分かってきました!もっと教えてくれる方、教えてくださいますか?