太陽の光を利用して

100坪ほどの土地ですが南側が開けていて陽光がいっぱい降り注ぎます。
この陽光を利用するために屋根に載せたソーラーパネルで太陽光発電を行っています。パネルは大変高価で20年で減価償却できるかどうか疑問です。しかし今は、毎月の発電量と東電に売った電気代の通知を見るのが楽しみです。
東電から買った電気と売った電気とでは、晴天が続いたかどうかで大きく変りますが、平均するとまぁトントンでしょうか。
年金生活になると手元の現金が貴重になります。東電への支払い料金を減らすためにソーラーパネルは大活躍しています。
日本の屋根全部にソーラーパネルを乗せたらCO2もずいぶん減るだろうにと思います。そのために政府は大幅に補助金を増やすべきでしょう。せめて10年で元が取れて以後は儲かるという価格にすれば爆発的に広まるでしょう。
でも、東電は儲けが減るので反対するだろうなぁ。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント