★シャガの季節になりました 

 
   庭のシャガの白い花、橙と青が美しい

大きな木の下や崖沿いの木陰などに群落を作っています。それを少々失敬して庭に植えたら迷惑するほど増えすぎて、あわてて増えすぎた分は山に戻しました。
画像の通り、アヤメに似ているので学名をIris japonica アイリス ジャポニカ、日本のアイリスといいます。
ツユクサやシャガはなんとなくはかなげで、雨の風情に似合います。

アイリス ジャポニカ なのに日本原産ではなく中国原産で、かなり古い時代に日本に到来したとwikiにあります。
ところが万葉集に一首も載っていないのはどうしてなのか。
それどころか古今集、新古今集にも見あたらないので、昔の名前はシャガという名ではなかったのではないかと疑っています。

中国由来ですから通常は「射干」と書いてシャガと読ませます。
ところがwikiでは射干とは「漢語でヤカンと読み、実はヒオウギアヤメ(檜扇菖蒲)のことだ」といいます。
それで俳諧の世界では著莪、または胡蝶花と書いてシャガと読むようです。

射干を「ヤカン」と読むのが納得できず、手元の日中辞典、中日辞典で調べました。
現代中国語だと she’gān だから、シャガに近い。どこから「ヤカン」が出てきたのでしょうか。
中国ではシャガを著莪と言うのかとも調べましたが、手元の辞書には記載がないので不明です。
いずれにせよ外来種だから和風の名前がないのは仕方ない。

遺伝的には3倍体だから種子を作らず、根っこが伸びて新芽を出します。
つまり日本中のシャガはすべて同一遺伝子のクローンで、大昔に誰かが中国から日本に現物を持ち込んだのが日本中に広まったことになります。
すると何のためにこんなに美しい花が咲くのか、咲いても無駄な花です。

昔々、普通の2倍体の時代があったことの名残で、3倍体になってしまっても以前のように花だけは咲かせています。
それで根っこを伸ばして子孫繁栄の手段を獲得したという歴史を背負った花ですから、
シャガよ、お前も苦労したんだな と語りかけたくなります。

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント