★メジロの目白押し 

 
  夫婦だと思うのですが、仲がよろしいようで

何有荘に来るメジロは1羽でくる「はぐれメジロ」とつがいで来る「夫婦メジロ」がいます。画像は夫婦メジロ。

一方がミカンをつついていると他方は見張り役を、交代交代で務めております。
食べ飽きて休憩する時は、何もそんなにくっつかなくとも良いのにと思うけれど、体を寄せ合って枝にとまります。
時にはたがいに羽つくろいまでしていると、「人前で何をやっているのだ!!」と言いたくなりますが、小鳥に文句を言っても始まらない。

もう1羽、単独で来るメジロがいます。夫婦メジロとはあまり仲が良くなく、一方が来ると他方は逃げ去ってしまいます。

夕暮れになると集団で行動し、枝や電線に停まる時はすし詰め状態で止まるため、その姿を「めじろ押し」と言うそうだけれど、集団になった場面はまだ見たことはありません。
集団ではなく、2羽だけでも「めじろ押し」するのが習性なんですね。

ようやく梅が満開になり、ツバキも満開が近づきました。
自然界に豊かな食糧があるようになったから、名残惜しいけれど何有荘の小鳥レストランはまもなく閉店です。
自然界でのサバイバル競争に打ち勝つ野生性を摘んでしまったら元も子もありません。
また来年お目にかかりましょう。
お待ちしております。

 
 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント