★雪の中のメジロ 

 
   画像は昨日の朝、雪の庭で

庭先の枝に野鳥のためにミカンを輪切りにしてぶら下げています。
メジロが来て、大雪?だった昨日の朝も雨戸をあける前からミカンをつついていました。

今年は野鳥が遊びに来る機会がなぜだか本当に少ない。
輪切りにしたミカンを前から用意していたのにだれも気付かなかったようです。
ようやく一週間前からメジロが夫婦で来るようになりました。

メジロが来ると例年ならばヒヨドリもくっついて来てミカンを横取りします。
ところがヒヨドリも来ないのでメジロ夫婦の独壇場。
朝から晩までミカンに取りき、チィーチュルチュルチュル とご機嫌でさえずっています。
ヒヨドリは傍若無人の乱暴者なので毎年「アッチヘイケ!」を追い払っていました。
今年はその手間が省けて気が楽とはいえ、ヒヨドリはどこへ行ったのでしょう。

原発やら津波やらで渡り鳥のコースや落ち着き先に変化があったのでしょうか。
今年ははじめて白鳥が何有荘前に来ました。
例年ならば田んぼにたくさん展開しているツグミもほんの数えるほどしかいません。
一年中地元に住みついているスズメ・ヒヨドリ・ムクドリなどの「留鳥」たちも生活の場が変化しているように思えます。
スズメに紛れて飛んでくるアオジもスズメが来る機会が減ったのであまり見かけません。
まさか大地震の前兆現象ではないでしょうが、こんな時代ですから少し気になります。

ともかく今年は「大寒」らしい「大寒」で、本当に寒い日が続いています。
めったに降らない雪だって積もってしまいましたからね。
立春(2/4)が待ち遠しく思います。
2月も中旬になれば梅が咲き始め、ウグイスの初鳴きも聞くことができるでしょう。
  ♪「春よ来い、早く来い」の気分です。
  ♪「もうすぐ春ですね」と軽快に歌うにはまだ早すぎます。

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント