★11分で焼き芋完成 

 
  さつま芋は高級な「安納芋」

◆電子レンジで焼き芋の作り方(中1本)

 1.さつま芋を洗い、前後の尻尾を切り捨てる。
 2.濡れたままのさつま芋を新聞紙で軽く包む。
 3.電子レンジ600wで1分間。
 4.200wで10分間で完成。

日テレ『所さんの目がテン!』によればイモの内部の温度を60~70度で10分間キープすることが、おいしい焼き芋のコツだそうです。
それで電子レンジ「強」でサッと全体を加熱したら、後は「解凍」レベルでじんわりと加熱10分間というわけです。
酵素の働きでデンプンが糖化して甘い焼き芋になります。芋の中にあるデンプンの量に限りがあるので、長時間加熱し続けてもムダ。10分間で良いということでした。

もちろん、さつま芋の大きさで時間は微調整してください。
まだ固かったら、今度は「強」数分でOKでしょう。
ともかく簡単・手間いらず。即アツアツの焼き芋を食べられるのはシアワセです。

正月の「栗きんとん」はわたしの担当。
毎年、皮を厚めにむいて水でアク抜きし…という作業をしてきましたが、焼き芋から作れば超簡単です。

◆超簡単、焼き芋で作る栗きんとん 
 1.できた焼き芋の皮をむき、ポテトマッシャーで熱いうちにつぶす。
 2.市販の栗の甘露煮の栗とシロップ半量を鍋にあけて温める。
 3.つぶした焼き芋を加えて水分を飛ばしながら照りが出るまで練る。

砂糖は使いません。甘露煮のシロップで十分です。それでも甘すぎますからシロップは半量としました。
まだゆるいかな、と思う程度で火を落とします。冷えれば固まるのはジャム作りと同じです。
安納芋は黄金色~橙色なのでクチナシは不要。
レモン果汁を少々滴下するのもしゃれているかもしれません。

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント