家庭で作る消毒薬

    
左からアルコールスプレー、キッチンハイター、消毒用アルコール。
画像は我が家の消毒薬。こんなに揃えなくても良いのに、使い勝手の良さに応じて買っちゃったんです。ウーン、無駄遣い…。

香港A型インフルエンザにより東京・町田の病院で死者が出ました。おなかに来るノロウィルスも流行中で、学校や医療関係者は厳戒態勢に入っています。

それで家庭でも今日、今すぐ作れる消毒薬のレシピを紹介します。
500ccペットボトルにペットボトルキャップ1杯のハイターを入れ、水を入れて良く振る。これでOKです。

これを中程度の消毒薬と名付けましょう。強い消毒薬を作るにはキャップ2杯のハイターでOK。弱い消毒薬はキャップ半分のハイター、もしくは中程度を2倍に薄めればOK。

ハイターは塩素系液体、次亜塩素酸ナトリウムと書いてあるならば他のメーカでも洗濯用でも構いません。
この方法は保健所の推奨でして、わたしの勝手な思い込みではありません。念のため。

使い道
弱い消毒薬:冷蔵庫の取っ手、ドアノブやスイッチ、マウスなど指紋の付く所は全部。食事用テーブル。食堂や台所の床清掃など。

中程度の消毒薬:まな板、包丁、菜箸、布巾、水道栓、調理台、コップなどの除菌。トイレの除菌清掃。つまり食べ物が入るところと出る所。

強い消毒薬:患者の吐いた汚物処理やその周辺の除菌・殺菌など。

我が家では中程度を1本用意しました。
これをスプレーしたり、使い捨てウェスを使って拭いたりします。

ともかく外出時はマスク、帰宅したらウガイ、手洗いが欠かせないようです。
人間は世界最小の生物・ウィルスに負けちゃう生き物です。

まぁ結局は、適当な理屈をつけて何かを作ったり、ため込んだりが好きなだけです。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント