★あんずの収穫・あんず仕事 

 
 後列左から杏仁酒、コンポート、あんず酒。前列3ビンがアンズジャム

先日、里山のアンズを収穫に行きました。早く収穫しないと落果してしまうヨという情報を得たからです。
行ってみるとすでにかなり落果しており、傷んだのもあります。それで無事な実だけを摘んでいたら気付くとレジ袋がいっぱいになってしまいました。

里山のあんずですから、独り占めはしません。次回の活動日にアンズのコンポートとアンズジャムを持っていき、皆で楽しもうと思います。
アンズ酒と杏仁酒は飲めるようになるのは数か月かかりますから、秋の収穫祭にでもお出ししようと思います。
収穫したその日のうちに処理したので大忙しの一日でした。

①あんず酒
あんず1kg。焼酎1.8L。氷砂糖500g。
あんずを良く洗い水気を拭き取る。ホシを取り、小さく十字の切込みをつける。
広口瓶にあんず・焼酎・氷砂糖を入れて密閉。約3か月で出来上がり。

②杏仁酒
あんずの種250g。焼酎900ml。氷砂糖100g。
ジャムやコンポートにしたあんずの種を良く洗って水気を取り少し乾燥させる。
広口瓶に種・焼酎・氷砂糖を入れて密閉して3か月で出来上がり。

③あんずのコンポート
あんず2kg。水300ml。砂糖400g。
あんずは良く洗い水気を取り、2つ割・4つ割にして実だけ広口瓶に詰める。
砂糖と水でシロップを作り熱いうちに広口瓶に注ぎ、アンズとなじませる。
瓶ごと30分煮沸(湯煎)してからフタをして保存。

④あんずジャム
あんず1kg。砂糖500g。
あんずは良く洗い水気を取り、種を除いて適当に切り、半量の砂糖に漬けておく。
汁気が出てから火にかけ、沸騰したら火を弱くして残りの半量を加えてよく煮込む。
アクは丁寧に除く。水分が飛んでネットリしてきたら瓶詰めで出来上がり。

※どれも砂糖の量はお好みで。
 瓶とフタの煮沸消毒はきっちりしておかないと後でカビてがっかりしてしまいます。

  

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント