★ハエ退治の新兵器

 
    百円ショップで買った捕虫網

五月蠅と書いて「うるさい」と読むだけあって、今どきのハエは元気でしつこい。
殺虫剤をシューシュー吹きかけるのは居間やキッチンでは躊躇(チュウチョ)します。
それでハエ叩きの出番ですが、なかなか素早い。うまくたたいてもべチャッとつぶれてしまうと不快になります。

そこで登場したのが捕虫網で、この扱いは小学生時代から慣れています。
サッと振って逮捕し、クルッと回してたたんでネットから脱出できないようにするのがコツです。
まるで佐々木小次郎のツバメ返しのような華麗な技を連れ合いさんは誉めてくれますので、まんざらでもありません。
「ほら、ハエが来たよ」とせかされるとわたしの出番ですが、なにやらブタキ。
うまくおだてられて使われているような気がしないでもありませんが。

現代では「生類憐みの令」はありません。ネットの上から殺虫剤をかければあの世行き。殺虫剤の使用量も最小限で済みます。
捕虫網は蛾や蜂が飛んできたときも役に立ちます。
大きなクモが室内でうごめいている時も役に立ちます。
隣の家では大きなゲジゲジがいて大騒ぎをしたそうです。

もっとも外へ追い出せばすむ場合は、逮捕した後、屋外追放処分とし、無駄な殺生はしていません。
室内で捕虫網を振り回している姿は何とも奇妙ですが、「田舎」生活では必需品の一つとして用意しておくと便利です。

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

komakoさん、グレープおばさん、こんにちは。飛ぶ連中は網戸を開けると気づかないうちに侵入するらしい。クモは定住しているらしく、時々白いフンを見かけます。クモなど走り回る連中はは上からバタンと網をかぶせ、網のしっぽを持ち上げて空間を作るとそちらに逃げるのでクルッと回して逮捕します。ご健闘を祈ります。