東北沖地震

何有荘は無事です。
日曜大工で作った棚から本が数冊落ちました。その程度です。
ここは震度5弱。
携帯もメールもつながらなくなりました。メールならつながると思っていたのに驚きです。
被災範囲が広いからでしょう。
お見舞い電話・メールをたくさんいただきましたが、つながらないものですね。
改めて災害特設メールのアドをメモしました。
その中で、インターネットメールは確実につながりました。

ちょっと不愉快に思っているのは、予測できなかった地震か、ということです。
手元の資料を調査すると
これ→http://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/earthquake/index.html?c=50
9日には三陸沖地震が8回以上、震度1~2
10日には震度1~4が15回ありました。
11日(本日)14:46にM8.8が起きましたが、それまでに震度1~3が4回。
5回目が最大震度でした。

その間、東北沖を震源としない地震は1件だけで、すべて茨城県沖から東北沖を震源としており
これは異常かもしれないと関係者はだれも思わなかったのでしょうか。
時々このサイトを見ることがありますが、
この日のように連続して同一地帯を震源とする地震が連続するのを見たことがありません。

外房の津波警報6mのニュース速報も、最初聞いたときは「大げさな」と思いました。
大げさではない!ただちに避難するようにという報道はありませんでした。
緊迫感が地元の行政にもありませんでした。
一度だけ「海岸や川に近づかないように」「避難場所は○○小学校」という防災無線がありましたが、
現況がどうなっているのかの続報は防災無線ではありませんでした。
マニュアル通りの放送だなぁという印象です。

何有荘は耐震建築です、やや高台ですから安心ですが、
停電になったら、ワンセグがあったらよいなと思いました。
携帯ラジオより画像があった方が安心できます。
ネットは数時間はバッテリーで保持できます。ラインが繋がっていればの話ですが。

あらためて地震対策を考え直しています。
自分の身は自分で守るのが原則ですからネ。
いろいろとご心配ありがとうございました。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント