ホウレンソウの若葉

      

畑に雑草が生えていると抜きたくなる人がいます。
二宮尊徳先生が言いました。上農は 草を見ずして 草を取り、中農は 草を見て 草を取り、下農は 草を見て 草を取らず―――その教えが今日まで脈々と流れて、草を抜かずにいられないのが日本の農作業家の遺伝子になっているのでしょう。

家内は熱烈な草取り派ですが、わたしは雑草派。
それは単に面倒くさいだけの話で、雑草はよほど野菜のじゃまにならない限りそのままです。
でも多少は気にし、「草を見て草を取らず」の下農だなぁと思ったりもしています。

ところが、徳野雅仁さんという人が草を抜かない自然流栽培という方法を提案しており、サボリマンのわたしに絶好の口実を与えてくれました。「草は抜かない方がいいんだって!」

庭いじりや農作業など一度もしたことがなかったのですから、大きなことは言えないのですが、きれいな畑をわたしは“砂漠農法”と密かに名づけています。
草一本生えていない畑は野菜たちにとって、実は過酷な環境ではないかと疑っています。

さて草取り派と雑草派の妥協の産物が画像のホウレンソウです。
昨年、カキガラ粉末をまいても、種を何度まいてもホウレンソウが消えてしまうと家内は嘆いていました。
きれいに整備した砂漠農法の畝でした。
今年、カキガラ粉末を撒き、米ぬかをまき、その上に抜いた雑草、切り取った枯れ草をドサッとかぶせておいた場所は雑草も生えず、フカフカの良い土になっています。

そこに種を播き、土の表面を砂漠、裸にしないように稲ワラや籾殻でおおいました。
そうしたらご覧のようにスクスクと育っています。
生け垣のサザンカの花びらが風で散っていますが気にしない。
時節がらか虫害もでず、美しい葉です。
油粕や鶏糞なども使わず、寒冷紗をかけない露地栽培。
ほっといたのにホウレンソウになるなんて、大自然はなんとすばらしいことか。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント