★今は小寒、明日から大寒

 
      みりんを仕込む季節です

手作りみりんの作り方
 1.餅米3合を蒸す、または炊飯器の「おこわ」機能で炊く。
   白米の2.5合分の水で普通に炊いても良いようです。
   蒸す場合は餅米を数時間浸水。炊く場合は浸水しない。
 2.梅酒用のビンに炊きたて餅米を入れる。
 3.35°焼酎を900ml投入してよくかき混ぜると人肌の温度になる。
 4.生米麹500gをよくほぐして投入。よく混ぜる。
 5.これでオシマイ。きっちりフタをして半年寝かせればできあがり。

餅米が少々焦げても、少々芯があっても気にしない。
麹や焼酎の量を少々間違えても気にしない。大丈夫です。
焼酎が足りないような気がしても気にしない。ちゃんとみりんになります。
大切なことは衛生管理。
手指はもちろん、使う台所用品や梅酒用のビンはよく洗い、キチンとアルコールか焼酎でよく消毒すること。
熱湯消毒は面倒だからしていません。

麹は高濃度の焼酎でイチコロですから、生きた麹菌の働きで味醂(ミリン)になるのではありません。
だからビンを密閉してゴミ・ホコリ・雑菌が入るのを防止します。
米麹が含んでいる酵素が炭水化物やタンパク質を分解し糖類やアミノ酸類を生成してみりんとなります。味醂が甘いのは主な糖がブドウ糖だからだそうです。
健康に良いのもうなずけます。

一度、本みりんを作って味わってしまうと、その素晴らしさに魅了されてしまい、
毎年作っています。
市販のみりん風調味料とは「格」が違い、手前味噌ならぬ「手前みりん」の気分です。

生の麹が手に入らない場合は、スーパーで売っている乾燥米麹を使います。
餅米2合、35°焼酎600ml、乾燥麹1袋(200g)でOKです。
自分で作れるものは自分で作ってみませんか。
たいした手間ではありません。

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント