★寒くとも野菜は育つ

 
       無農薬のケールとハクサイ

画像のように雑草だらけの畑ですが、ケールとハクサイが元気に育っています。
ほかにもピーマンはまだ枯れずに収穫できますし、取り残したジャガイモが「秋ジャガ」よろしく青々と育っています。
やはり今年は異常気象なのでしょう。冬になっても霜が一度しか降りていません。
1週間前までムラサキツユクサだって花咲かせていました。

NHKはなぜ家庭菜園教室みたいな番組で有機無農薬の番組を編成しないのでしょうか。当たり前のように化成肥料を使い、農薬を散布しています。
化成肥料と農薬がなければ野菜は育たないかのような番組です。

近藤立子さんが婦人之友社から『無農薬でつくるおいしい野菜』を出版したのは1985年。もうだいぶ前。1泊2日の人間ドックの時に暇なので近くの書店で購入し、今でも手元に置いてあります。
その近藤さんが今はいすみ市に住み、近くの野菜産直店に有機無農薬野菜を出荷しているので驚きました。

近藤さんの畑を通りがかった時に彼女と立ち話をする機会がありました。
近藤さんは枯葉・雑草・鶏糞・油かすなどを使った堆肥を作っています。山のように積み上げた堆肥は黒くなり、ほのかに暖かみがありました。
彼女が執筆・出版する時に大手農薬会社から圧力がかかったと言っておりました。
すると、今でもNHKには圧力がかかっているのかもしれません。

出版から25年をすぎ、無農薬で野菜を育てようと言う人は全国に広まりました。
わたしも挑戦していますが、苦労はあります。
庭の畑の野菜はヨトウムシやらナメクジやらにやられてボロボロでしたから、割り箸でチョイスしたり、飲み残しのビールを置いたりと。
でもアチラさんの方が多くて強いので、やがてあきらめ半分のほったらかしとなります。そして不思議なことに害が減ってきました。

思うに、季節が寒くなり、連中の活躍する季節ではなくなったこと。野菜が幼児期を過ぎ、害を跳ね返す体力がついてきたことでしょうか。
幼児期をていねいに世話すれば、少なくとも家庭菜園では「害虫を毒殺」する必要はない。無農薬でも何とかなると思っています。
その時の状態に一喜一憂しないで長い目で育てるのがコツなんだとか言って、自分のズボラさを棚に上げております。

今年はこれでオシマイ。良いお年をお迎え下さい。
 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント