落花生の収穫

家内が落花生の種を知り合いから分けて頂き
春にまいて、育てて、先日収穫しました。

落花生の種は、まいどおなじみの茶色の皮を被っています。
ちょっと手をだしたら、「種だから食べられないよ」
と叱られてしまいました。

まいた種から芽が出て家内は大喜びです。
これを適当に間引きしなくてはいけないのですが、
家内は「せっかく芽が出たのにかわいそうだ」とか言って
かなり密植して育てていました。
きっと大量に収穫できることを夢見ていたのだろうな。

秋になりましたが、収穫時期がいつ頃かがよく分かりません。
まだ緑々して元気そうでしたが、近所の農家の方から教えを乞い、
先日、期待を込めて引っこ抜きました。

ジャーン。不作でした。
ご近所様もプロ農家も「今年は不作だった」となぐさめてくれましたから
気候が悪かったのかもしれません。
それでもまいた種の5倍は収穫できましたから良しとしましょう。

あまりに混み合いすぎて、落花が地面に入り込む隙間がなかったのではないか、
と家内は反省していました。
「ソウだね」と答えましたが、本当はよくわかりません。

失敗は成功のもと。
来年は株間を空けて一本一本がのびのびと育つようにするそうです。
皆さんにお裾分けできるくらい落花生ができることを期待しましょう。
(期待しないで下さいね)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント