ロータスイーター(蓮喰い人)

 
       まだ若い蓮の実を利用

オデッセイというホンダの車がありますが、ギリシャ神話の英雄オデュッセウスに由来します。
彼はトロイ滅亡のきっかけとなった(トロイの)木馬の考案者で、戦後、トロイの庇護神であったポセイドンから恨まれ、ギリシャに帰国できずに魔物が住む海を漂流して数々の試練を受けることになります。その物語が『オデュッセイア』。
その9章にあるのが「蓮喰い人」の話。

9日間の嵐の後、オデュッセウスの船は「ロートパゴイ」族の島に漂着する。
この島の住民はロートスというとろけるように甘い果実を常食としていた。
ロートスは英語でLotus ロータス。日本語で蓮(ハス)。
偵察に出かけた部下3人はロートスの実を住民に勧められて食べたところ、浮き世のすべてを忘れてコウコツ状態になる。当然、自分が果たすべき使命など忘れている。
戻らぬ部下を捜して上陸したオデュッセウスは呆けた部下を発見する。命令を聞かず帰国の意志もない部下を強制的に拉致し、早々にその島を後にした。

「ロートパゴイ」を日本語に訳すと「蓮喰い人」
この物語を読んだ欧米人は、蓮の実にはある種の麻薬作用があると信じることでしょう。
蓮の実は中国では腎臓を強化し、血液を浄化するので不老長寿の効果があるという。
さてこのロートスと蓮の実は同一なのか、ちと疑問。

ともあれ伝承を信じれば、蓮の実を食べると現世の苦しみから解放され、将来は蓮の台(ウテナ)で生まれ変わる。これは大変結構なことです。
近くの蓮池から蓮の実をゲットしてきました。

 
      蓮の実の甘煮

◆蓮の実の甘煮レシピ
 1.蓮の実の青い外皮はハサミで頂部を切り落とす楽にむけます。
 2.白い実の中央の芽を楊枝でつついて抜き取るが、面倒だからそのまま利用。
 3.鍋に入れヒタヒタの水で煮る。砂糖は適当量・塩少々。
   味をしみこませてできあがり。

これじゃ調理法ともレシピとも言えないですネ。要するにテキトーです。
青い蓮の実を利用します。中の白い実は生で食べられますから適当でOKなのです。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント