桑の実ジャム作り

   
        たわわな桑の実        これだけできました

散歩の途中、前々から目星をつけておいた桑の木に実がいっぱいなっていました。
まだ赤いのは酸っぱい。真っ黒になっているのが甘い。
真っ黒に熟れた実は丁寧に扱わないとつぶれてしまい、手が紫色となる。
うっかり服に着くとなかなか汚れが落ちない。
1cm位の実だから採集するのはけっこう手間ヒマがかかり、ヤブ蚊に刺されたりします。
だいぶ取ったつもりだったけれど、ジャムにしたらちょっと少なかった。

桑の実ジャムの作り方
  1.ザッと水洗いして汚れを落とす。
  2.実についた軸を切り落とす。面倒なら省いても良い。
  3.耐熱容器に入れ、砂糖を適量まぶし、ラップをし
  4.電子レンジで700w2分
  5.スプーンか何かで適当につぶし
  6.レモン汁を適量混ぜてできあがり。

ジャムったって要するに砂糖煮ですから適当でOKです。
桑の実は甘いので砂糖は控えめ、重量比半量以下が良いと思います。
レモンだってなくても良いのだけれど、ちょっと味を引き締めるためにはあった方が良い。隠し味みたいなものですかね。

今の子は学校帰りに寄り道するのも難しいらしい。集団登下校ですから。
まして手や口の周りをベタベタの紫色にして桑の実を食べることなどしません。
だから放置された桑の木の実を喜々として摘んでいるのは、昔の少年少女のわたしたちぐらいしかいないようです。もう取り放題です。

最近は何でもカタカナばやりで、なんとなく高級そうに聞こえます。
桑の実ジャムと言うよりも マルベリージャム (Mulberry jam) の方が都会的なネーミングですネ。
名前のせいだけではなく、ブルーベリージャムよりオイシイくらいです。
高い抗酸化作用があるアントシアニンをはじめとする、ポリフェノール類をたっぷり含んだ健康ジャムだから、都会の人はお金を出して買うんでしょうネェ。
蚊に刺されても、蛇に出会っても田舎暮らしとは大変お得で結構な暮らし方です。

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント