イチゴを収穫しました

   
        収穫後の撮影だからちょっとさびしい

プランターと路地とでイチゴを育てています。もっとも露地栽培の方は事実上、雑草化しています。
今年は天候不順に加えて蜜蜂不足。蜜蜂をほとんど見かけませんでした。
それで家内が人工授粉。花を一つ手折り、それをアチコチの花にこすりつける。
それが功を奏したか、例年よりは結実したイチゴが多くできました。

毎年、そろそろ食べ頃と思うとナメクジやダンゴムシにやられていました。
毎年のように同じ経験を積めば、わたしたちも少しは利口になります。
今年はイチゴの実の下に座布団(廃棄した網戸の網を適当にカットしたもの)を敷いて直接地面と接しないようにしたり、周囲の雑草を刈って風通しを良くしたり、
あるいはネットを張って防除し、時々はハイポネックスを与えるなど食べたい一心で涙ぐましい努力を重ねてまいりました。
もっとも天候不順の影響か、ナメクジの数も例年よりは少ない印象です。

できたイチゴは甘酸っぱくて野性味たっぷり。これがイチゴの本来の味なんだ、と自画自賛の自己満足。
ミルクと砂糖たっぷりでいただくのもオイシイですが、そんな都会的なしゃれた生活にも飽きました。
多少不細工でも塩水で洗い、ストレートでがぶりといただくのが一番おいしい。
自然の恵みに感謝です。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント