庭の野菜の収穫

   
        ホウレンソウ、シュンギク、アシタバ

どうも葉物野菜が育たないと思っていたら、どうやらヒヨドリに喰われていたようです。食い散らかした跡が残っていました。
それであわててカンレイシャをかけて保護したら、ようやく食べられるほどに成長したので収穫です。
野菜の育て方に何の知識も経験もなく、ただ種を播いただけですが、育ってくれるとうれしいものです。
なんとか種代ぐらいは回収できるでしょう。

ヒヨドリにも最近はミカンをやっています。メジロとヒヨドリの餌場を別にして、ヒヨドリもメジロも安心して食べられるように、です。
昨年はヒヨドリには親切にしてやりませんでしたから、サヤエンドウを食い散らかされてしまいました。
今年のサヤエンドウは大丈夫です。ミカン効果があったと思っていました。
実はホウレンソウをつついていたのです。けしかぬヤツです。
かといってミカンをやめたら今度はまたサヤエンドウがアブナイ。

この時期、周囲のプロ農家の畑はどこも鳥除けネットが張られています。
ムクドリなんか大集団で飛んできますからネ。
無防備な野菜は絶好の餌食になってしまいます。
野鳥がかわいいなんて言っていると、プロ農家からはヒンシュクモノでしょう。

シュンギクはそのまま放置しておくとサクラの咲く頃にきれいな花が咲きます。
するとこぼれ種で翌年また芽生えてくると思います。
今年のシュンギクは昨年のこぼれ種で育ったものです。
昨年のシュンギクは一昨年の。
こうなると野草みたいなものです。
野草も野菜も紙一重。その紙一重に人類の汗と智恵が詰まっているとはいえ
あまりこだわらないのが家庭菜園の良いところです。

 

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント