休憩するカワセミ

   
        小型デジカメの望遠ではこれが限度

何有荘前には人工的なため池があります。
色々な水鳥が憩う中で、猛スピードで飛翔しているのがカワセミ。
何有荘周辺に出没するのは少なくとも3羽。オスメスは不明。
ダイビングして池の小魚を採り、あちらからかなたへ飛び去ります。

千葉県のこの地方は住んでから気づいたのですが実に多くのため池があります。
千葉県外房随一の夷隅川が暴れ川であったために、あちらこちらに旧河川床が残り、
それが自然のため池になったり、人工的なため池に造成されたりしたのでしょう。
そのような自然環境に適しているのか、カワセミをあちらこちらで見る機会があります。
ところが飛ぶ速度はすごく速い上に小型の鳥なので画像に撮るのは不可能。
ちょっと休んだ時がシャッターチャンスですが、そういう時にはカメラがない。
というわけで、本当に偶然にカメラを持っている時に撮った画像がこれです。

まだ現職で働いていた頃はわざわざ世田谷区の野川までカワセミを見に出かけたこともありました。
渓流の宝石などと称されるだけあり、キラキラ輝く美しい羽を持つ小鳥です。
もっとも清流ではなく、多少濁っている水の方が住み良いらしい。
ほんのちょっとしか出会えないカワセミですが、出会うとうれしくなります。
田舎暮らしは、このような新鮮な出会いが毎日あります。

蛇足:
カワセミを漢字で書くと翡翠。音読みでヒスイ。
翡翠と書くと野鳥のカワセミだか宝石のヒスイだか分からない。
ヒスイがカワセミ色なのか、カワセミがヒスイ色なのかは知らない。
翡翠の文字に羽が含まれているから、たぶんカワセミが元だろう。

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント