ツグミ

   
        小型の鳩ほどの大きさです。

10月ごろ、シベリアから大群で渡ってくる冬鳥の代表といわれますが、大群でいるところはまだ見たことがありません。
日本へ着くと群れを解き、田畑や低い山の林に散らばって生息し、3月なかばごろになると再び群れを結成して北へ帰るそうです。
この大群をかすみ網で一網打尽にして野鳥料理にするという習慣が昔はありました。
わたしも昔、東京の奥多摩・御嶽の野鳥料理屋で食べたことがあります。もっとも当時すでに野鳥の捕獲は禁止されていましたから、表向きはスズメの焼鳥ということになっていましたが。
味はあまり覚えていません。細い骨が邪魔して食べづらかった印象があります。

何有荘近辺ではあの田んぼ、この畑と開けた場所にはどこにでもおりますから相当数が飛来してきているのでしょう。
行動するのは単独で、大変臆病というか用心深い野鳥です。
木の枝に止まっている時も地面に降りている時も、たえずスッと胸を張って周囲に危険がないかを見わたしています。

菜園の枯れた雑草をすごい勢いで掘り返し、潜んでいる虫を探して食べているようです。移動する時はピョンピョンと両足跳び。
すぐ隣りにスズメがいてもお構いなし。我関せずとばかり庭をほじくり返しています。
ツグミが帰ってから菜園を観察しても虫が見つかりません。彼らは本当に虫を食べているのか疑問に思えますが、きっと探し出すのが上手なのでしょう。

野鳥でもお客が来てくれるとうれしいものです。
窓際から観察し、また来ているヨと家内を呼んだりしています。

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント