メジロの夫婦

   
        ミカンは大好物です

チュルチュル チーチー  チュルチュル  チーチュルチー とかわいらしい声で鳴きます。
この時期、都会でもサザンカの中でかわいい鳴き声がしたらまず間違いなくメジロでしょう。
メジロは花の蜜が大好きで、梅、椿、山茶花などによく来ます。
蝶や蜂がいない時期に小鳥によって受粉する植物を【鳥媒花】と言うのですが、
なぜか学校では【鳥媒花】を教えません。

スズメより小型な野鳥で、しかも緑色なので木の葉の中にいるとまったくの保護色となり、声は聞こえても姿は見えず、です。
ところが実はホンのすぐそばにいたりします。メジロは自分が保護色だから発見しづらいだろうとでも思っているのでしょうか。かなり側に寄るまでじっとしており、
こちらが気づかずに近寄るとあわてて飛び去ります。

俗に梅に鶯(ウグイス)と言うので、梅に来た緑色の小鳥をウグイスと勘違いする人がいるようです。梅に鶯は来ません。メジロです。
ウグイスはヤブに潜んでいて、まずその姿を確認することができません。
メジロは目の回りが白く、ドングリマナコですから誰にでも見分けられます。

ではなぜ、梅に鶯と言うのでしょうか。
最も常識的な答は、昔の人はウグイスとメジロを混同していた――です。
しかしこの答は重大な欠陥があります。
自然豊かな環境に暮らしていた昔の人がウグイスとメジロを混同するでしょうか。
鳴き声が違います。姿が違います。生活する場所が違います。
この違いに気づかず「混同していたんだ」、と納得するようでは考えが甘い。
混同しようがないほど二つの小鳥は違い、誰にでも区別できます。

わたしが提出する答案は、「梅に鶯がそろったら最高だねという意味」です。
盆と正月が一緒に来たようなもんだ、という意味です。
梅は春を告げる花、ウグイスの鳴き声はこれまた春を代表するバックグランドミュージック。ところが梅に鶯は来ない。それを昔の人も知っていた。
だから、二つ揃うことがないものが二つ並んだら最高なのにね、という意味です。
梅の花を愛でながらウグイスの声を聞くなんて春だねェ という意味でも良いでしょう。

メジロはスズメと同じくらい一般的な小鳥でしたから、「梅にメジロ」なんていう言葉は何の意味もないのです。

画像のメジロはたぶん夫婦。毎日そろって何有荘に来ます。
姿が良く見えるようにとミカンを串刺しにして枝にかけておきました。
姿があらわになるのは不安らしい。周囲に敵はいないかとキョロキョロ見渡し、慎重に近づき、チョイチョイとつついてはまた周囲を気にしています。
窓越しから野鳥を観察するのはとても心がなごみます。

 

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント