手作り味噌のフタを開けました。

   

おもしろ半分に仕込んだ味噌の評判が良く、それから毎年味噌を造ってきました。
今朝開けた味噌は昨年の2月に仕込んだものです。
けっこうツヤヤカで、試しに少し食べてみると合格でした。

麹1kg 大豆1kg 塩400gを混ぜるだけでだれにでもできます。
手作り味噌だと言うと皆さんビックリするけれど、それほど大層な仕事ではありません。
昔はどの家でも自家製の味噌があり、味噌自慢をしたそうじゃないですか。

1月~2月が仕込みの時期(寒仕込み)ですから挑戦してはどうですか。
温度管理がどうのこうのと言われていますが気にしません。ちゃんとできます。
大豆を煮るのに時間がかかりますが、圧力鍋なら短縮できます。
大変なのが煮た大豆をつぶす作業。ポテトマッシャーを使うようになってから楽になりました。
塩と麹を混ぜ、さらにつぶした大豆と混ぜ、雪合戦の玉ぐらいのボールを作り
それを仕込み瓶(6リットル)にたたき込みます。
空気を抜くのが主眼ですが、バカヤローッなどと言いながらたたき込むと気が晴れます。
手元が狂って瓶に入らないと悲惨な状態になりますので気をつけて。

わたしは麹は静岡、大豆は北海道の業者から取り寄せていますが、どこでも良いと思います。
初めてならばネットで材料のセット販売を利用するのが簡単でしょう。

大豆から手作りすることを夢見て昨年は大豆を植えたのですが、これがまた結構世話を焼くのが大変で、とうとうホンの少ししか収穫できませんでした。
今年は再挑戦の年です。

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント