ケールの青汁

    

写真は庭のケールです。かなり虫食いで無惨な姿ですが、青汁にして飲みました。

このケールは知人から種を頂き、5月に播いたものです。
芽が出るとナメクジにかじられ、少し大きくなるとモンシロチョウの幼虫(青虫)に食べられ
ようやく大きくなると、今度はバッタの餌場になると言う、それはもう苦難の歴史を歩んだケールです。
それにもメゲず、ここまで育ったケールの成長力に驚いています。

週末農業ではなかなかケールの面倒をみてはいられません。
困ったことだと思いながらも、その実ほったらかしでここまで大きくなったのです。
せっかくこれだけ育ったのに、もうダメだ、枯れるのを待つ、というのでは気の毒です。

青汁にしてこそケールの本分が全うされます。
それで葉をちぎり、穴を避け、良さそうなところを選んで青汁にしてみました。

飲んでみるとソフトな喉ごしで、かなりいけます。
「マズーイ、もう一杯」などということはありません。
これが自然な味、自然の力というものでしょうか。

わたしは満足しました。ケールも喜んだことでしょう。
ケールの成長力を考えると、まだもう少しケールの青汁を楽しめそうです。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント