柿酢・リンゴ酢

      

何有荘に遊びに来た若い同僚が、お礼にと言って「ハーブビネガー」をプレゼントしてくれました。
市販のお酢に、「セージ・ローズマリー・月桂樹・唐辛子・タイム・黒こしょう」 を漬け込んだもので、
「普通のお酢と同じように使って下さい。料理の味がとても引き立ちますヨ」
という話でした。

わたしは高血圧気味なので毎朝とはいかないのですが 「お酢を飲むと良い」 を実行しています。
でも結構これがハードなんですよ。難行苦行とまでは言いませんが。

ところが、このハーブビネガーは飲んでも辛くないんです。
サラダにしても何にしても。それですぐ真似をしてハーブビネガーを作りました。
何有荘でもハーブを育てていますから、買ったのはホール黒こしょうとお酢だけです。

お酢に目覚めて作ったのが画像の柿酢とリンゴ酢です。
本格的な方法はあるようですが
要するに梅酒と同じような作り方です。

リンゴ酢はリンゴをスライスして酢に漬けるだけ。
リンゴにワックスがかかっているかもしれませんから、それは温湯拭きしておきました。

柿酢はヘタと種を取り、ジューサーにかけて酢を加えます。
皮もむかず、洗いもしません。皮に着いている菌が重要なのだそうです。
ジューサーにかけたのは失敗でした。
後始末が大変です。液体と固体とを分離するのに手間取りました。
細切れ程度に納めておくべきでした。

リンゴ酢はピンク、柿酢はオレンジ。

飲んでみたのは柿酢。マイルドで柿の味もほのかに残り、栄養もたっぷりだそうです。
これなら毎日、手作り柿酢ドリンク (単に水で薄めただけ) をいただけそうです。

リンゴ酢はもう少しエキスが出るまで保管しておきます。

それにしても、お酢ってマジック(魔法)のように多彩な姿をとることを学びました。
色々なお酢があるのは、色々なお酒があるにと同じように楽しく嬉しいことです。

ドリンクにしたお酢を家内に勧めると、「わたしは高血圧ではない」と断ります。
でも料理にには使います。
和風・洋風・中華風、どれにでも使えます。お試しあれ。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント