採り立て落花生のゆでピー

   

   

落花生を収穫しました。
初夏の頃、畑に種を播きました。小さな落花生の苗でしたが、のびのび育つように間隔をあけて移植したところ、目論見通り大株に育ちました。
シメシメ今年は豊作だぞ、と喜んでいましたが途中から少し様子がヘンだと気づきました。土がほじくられ、ピーナツの殻が散らばっています。
どうやらキジの親子のエサ場になっているようです。
最初はキジかなぁ、と思っていましたがキジだと確信した家内はネットを張って対抗しました。
それからは被害がなくなりましたが、きょう掘り起こしてみると地面の下の大きく根張りした先端についていたピーナツはすでに時遅しで、だいぶ実付きがよくありません。
それでも株下直下にはたくさんの実がついていましたから家内はニコニコ顔です。

落花生は乾燥させるのが一般的ですから新聞紙に広げて日光乾燥させておりますが
収穫したらすぐ食べたいといういやしい性格なので一部を塩ゆでにしました。

◆圧力鍋でゆでピーナッツのレシピ
  1.殻付落花生を良く洗って土を落とす。
  2.圧力鍋に落花生を入れ、水200cc、塩小さじ2杯。
  3.蒸気が出てきたら、おもりがかすかに振れる程度で5分。
4.火を止め、そのまま放置。触れる程度に鍋が冷えたらできあがり。
  
普通の鍋でしたら40~50分も煮なければなりませんが、圧力鍋は本当に便利です。
光熱費も節約できますし。
さて、お味の方は?
甘くておいしいですヨ。オススメです。
採り立て野菜はどれもほのかに甘味があってオイシイのですが、ピーナツはまるで砂糖が含まれているかのような甘さがあり、枝豆と同じように後をひきます。
枝豆以上においしいという人がいますが本当です。

大自然というのは偉大ですね。じっと待っていれば自然に落花生ができてしまうのですから。家庭菜園というのはだからすばらしい。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント