簡単、おいしいチキンのチーズフライ

   

上沼恵美子さんが出演するTVの料理番組を見て家内が作りました。
思った以上においしく、かつ簡単なので紹介します。

◆レシピ
  1.鶏胸肉の厚い部分に包丁を水平に入れて開き、肉の厚みを均等にする。
  2.両面に塩胡椒。ついで両面にパルメザンチーズをきっちりまぶす。
    (粉チーズが小麦粉の代わり)
  3.溶き卵、パン粉をつけるのはいつもの通り。
  4.フライパンにサラダオイル、バター少々で揚げる。
    火加減は中火で焦げないようにじっくりと。
  5.付け合わせの野菜は適当に。

たっぷりの油で揚げるのではなく、フライパンで焼くという感じです。
サッパリした鶏の胸肉にパルメザンチーズでしっとりとした甘さが加わり、バターの香りと味がまた食欲をそそります。
パルメザンチーズのこんな使い方もあるんだなぁと感心したしだいです。

TVの料理番組はアホと違うか、というような番組もありますが、偶然見たこの番組の料理は簡単で役に立ちました。
歯切れが良いのでわたしども高齢者予備軍にも適しますし、もちろん若い人にも好評でした。

◆バリエーションはいろいろ考えられます。
鳥のササミでもOKでしょう。
紫蘇の葉の千切りを振って和風に。
ハーブ使うなら、タイムかオレガノでしょうか。
粉チーズではなく、とろけるチーズを挟む方が簡単ですが…。
味付け塩胡椒を少なめにして梅味にするなんかも良いかもしれません。
濃い味付けならばソースは不要ですが、薄い味付けにしてトマトソースをかけると見た目がきれいでしょうね。

基本がしっかりしていれば応用がきく、そんなことを考えさせられた料理でした。
そのうち我が家の定番料理になりそうな予感です。

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント