超簡単パラパラチャーハンの作り方

   

このレシピは先日TVで放映していたものです。何という番組だか忘れました。
試作したら、わたしにもパラパラチャーハンができたのです。
家族にも好評で、今度からチャーハンはわたしの担当と指名されました。

◆パラパラチャーハンのレシピ
1.ご飯はあたたかい白ご飯。もちろんチンご飯でOK。
2.タマゴは一人分1個。割りほぐして溶き卵にしておく。
3.ボールに白ご飯。そこへ溶き卵を入れる。溶き卵全部ではたぶん多すぎる。
  白ご飯一粒一粒にタマゴがコーティングされるようによく切って混ぜる。
  もしもボールに液体としての溶き卵が残るなら入れすぎ。
  そうならないように最初に半量入れ、足りないなら追加するのが正しい。
  余った溶き卵はスープなどに使えばよろしい。
4.タマゴご飯を熱く熱したフライパンや中華鍋で炒める。油は多め。
  すし飯のように切って炒める。ゴチャゴチャかき回さない。押さない。
  パラパラになってくるので、そこで格好良くフライパンを返したりする。
5.事前に下準備した具を投入し、よく混ぜて炒めれば出来上がり。

具はお好み、冷蔵庫一掃セールみたいなものです。
  チャーシューと豚肉、インゲン、コーン、長ネギ、ニンジンを使いました。
味付けもお好みですが
  塩、胡椒、醤油が普通。
今回は『クレージーソルト』というハーブ入り岩塩、黒胡椒、醤油でした。
具が強めの味付けですので、ご飯はほんの少々の塩味にしました。

ニンニク、生姜、カレー粉、ごま油とかは使いませんでしたが、まぁこの辺はご家庭のシェフのお好み次第でしょう。

NHKの『ためしてガッテン』だのなんだのと様々なレシピが紹介されていますが、
今回のレシピが一番簡単で、しかも確実にパラパラになります。
炒める前に白ご飯を溶き卵でコートしておく点が目からウロコでした。
事前に、具を混ぜれば良いだけに調理しておく点も重要です。

もう夏休みも終わってしまいましたが、この程度の作業なら子どもにもできます。
上手にお子さんを家事に引き込めば、お子さんの自立能力が向上します。
いつまでもピーチクパーチク、口だけ開けて待っているようでは困りますからね。

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント