FC2ブログ

★本日(1/25)は旧正月。

梅
           近くの大栄寺のほころび始めた白梅。

旧正月を中国では春節と言い、武漢で流行中の新型コロナウィルスの保菌者が大量に日本に遊びに来るかと、検疫所や医療関係者は臨戦態勢のようです。
東アジアでは中国由来の太陰太陽暦を長らく使ってきたことから、今日ではキリスト教暦(西暦)を使用しつつも、旧来の暦を伝統的行事には使用することが習慣です。

旧正月とは旧暦元旦のことで、立春に近い新月の日が1月1日と定められます。
旧暦元旦を上総一宮である玉前神社では「太陽と月が連れ添って昇る日」と説明しているのが印象的でした。
ちなみに本日の日昇時刻(東京)は6:46。月出は7:03。
これだけ近いと太陽の光で月の姿は見えません。一日中、一晩中月が見えない日が新月で、一日です。

玉前神社の御祭神は玉依(タマヨリ)姫で、神武天皇の母君でいらっしゃる。
姉君が豊玉(トヨタマ)姫で夫が神武天皇の父君=鸕鶿草葺不合尊(ウガヤフキアエズノミコト)。
近くの椎木・中原の玉崎神社の御祭神が豊玉姫。
豊玉、玉依の姉妹はともに海神の娘で、豊玉は釣り針をなくして困っていた山幸彦と海王(ワタツミ)の宮殿で親しくなり妊娠する。
ある日、山幸彦は地上に戻るといい、豊玉は腹の子はあなたの子だと迫り、出産は嵐の日に地上にて行うので鵜の羽を使った産屋(ウブヤ)を作るように命じた。ところが産屋が完成する前に陣痛が起き、嵐に乗じて上陸する。
出産のときはのぞき見しないように誓わせたが、山幸は誓いを破りのぞき見する。すると豊玉は巨大なサメの姿で身をよじって出産するところだった。
山幸が驚いて逃げ出したかどうかは古事記、日本書記とも記述がない。豊玉は正体を見られたことを恥じ、子を山幸に預けて海の国に戻ってしまった。
度重なる夫の裏切りに愛想が尽きたということか。しかし、我が子はかわいい。それで妹の玉依を我が子の世話係として地上に送る。生まれた子は鵜の羽を利用した産屋が完成する前に生まれた子という意味でウガヤフキアエズノミコトという。
後に、玉依は自分が世話をしたウガヤフキアエズノミコトと結婚し、神武が生まれたという話が古事記、日本書記にある。

姉の豊玉が妹の玉依に託した和歌が
   赤玉は 緒さえ光れど 白玉の 君が装いし 貴くありけり
    (たぶんメノウでできた)赤玉のひもは輝いているけれど白珠のようなあなたの姿はさらに尊い――かな。
この歌はなかなか解釈が難しい。白珠のあなたとは誰の事か。夫の事が赤子の事か。それはさておき

玉前神社では太陽を海王の娘の子であり、海王の娘の夫でもある天皇家の先祖とし、月を海神の娘とし、太陽と月が仲良く連れ添って昇る1年最初の日が正月元旦としています。
山幸は海王の宮殿を去る際に、海王から鹽盈珠(シホミツタマ)と鹽乾珠(シホフルタマ)という満潮・干潮を自由に操れる秘宝をプレゼントされ、意地悪な兄=海幸を懲らしめたとも伝わっています。
つまり玉前神社の信仰集団は元々は太陽と月の神秘的な力を信じ、海の恵みに感謝する海洋漁労民族であったと推定できます。

房総半島の中央、太平洋に面した上総一宮である玉前神社が太陽と月と海洋を尊崇するのはしっくりする話です。
近くの太東崎付近の海域はサメが多く、大型のサメが居ついているという地元の民話があります。
サメは胎生で腹の中に子がいます。漁師さんの仕事場で初めて見たときは驚きました。
サメから生まれた天皇の先祖という話も海洋漁労民の実体験から生まれた神話なのでしょう。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント