FC2ブログ

★本日(1/20)より大寒

フキノトウ
    庭にフキノトウを見つけた

1年365日を24等分した区分を二十四節季といいます。
1月20日から2月の3日までの15日間が「大寒」で、一番寒い頃だとされています。
調べてみると平均気温東京では1月26日が一番寒い日だそうです。(最低・最高気温が2℃・9℃)
やはり大寒の期間が1年で一番寒い日だと統計でも示されています。

大寒になると何有荘では味噌作りの準備に入ります。
お酒や味噌、醤油など寒造りといって、雑菌の少ないこの時期に仕込むのが昔からの風習だそうです。
新大豆が出回る今の時期が、その意味でも適切な時期なのでしょう。

大豆は内房の「小糸在来」という青大豆を愛用していたのですが、ここ数年不作で入手できません。
やむなくネット通販で「秘伝豆」という青大豆にしました。

地元大豆を使いたいのですが、品種名が判りません。売る方は「大豆だよ」で済ませています。
サツマイモでいえば、数年前から安納芋、今年はシルクスイート、紅はるかが人気ですが、地元直販店のラベルは「薩摩芋」だけだったりします。
薩摩芋でも大豆でも今は個性で売り出し、品種で差別化する時代なのに、その販売姿勢は残念な気がします。

購入した青大豆のおまけに「酒の濁り湯」という糀でできた入浴剤がダンボールに入っていました。
さっそく使ってみると白濁した温泉のような気分になれました。
なんとなく肌がしっとりし、湯冷めのないあたたかな体になった感じです。
たまにはこのような気分転換も良いですね。
    麹湯     麹湯2
        こんなパッケージで、中身は色付き小麦粉のような感じ

さて散歩の途中で地元の農家の年配女性が何やら摘んでいるのを見かけて声をかけました。
なんとフキノトウを摘んでいたのです。
それで何有荘の庭を探してみたらあったのです。フキノトウが芽を出していました。
大寒を我慢すれば確実に春になる――フキノトウを見ると心まで温かくなるような気がします。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント