FC2ブログ

★梅雨の合間にチョウが舞う

クロアゲハツマグロヒョウモン
   クロアゲハ            ツマグロヒョウモン

いすみ市は“何もない田舎”ですから緑が豊かです。だからチョウの種類も豊富かもしれません。
庭にチョウが遊びに来るように植えたのが、チョウが好むというブッドレア。
色々なチョウが来ますが、本日はクロアゲハ。

市街地ではあまり見かけないアゲハで山野に多い。まったく汚れや傷がないのは誕生したてかもしれません。たぶん、ウチの柚子の木で育ったのでしょう。

おや?と思ったのがツマグロヒョウモン。
めったに見かけません。はじめは何のチョウか迷いましました。
ヒメアカタテハに似ていますが、それよりずっと大きい。

そういえば、と思い直して画像検索で見つけたのがツマグロヒョウモン。
地球温暖化で年に数回は房総でも見かけるようになった蝶です。

小学生のころ、チョウを採集するのが趣味でした。
そのころ、このチョウは九州にいるチョウで、関東地方にはいませんでした。
だから、地元のチョウという発想が乏しいのです。

めずらしいチョウを発見するとうれしいのですが、温暖化のせいだと思うとちょっと複雑です。
モンキアゲハというチョウなど今やいすみ市では普通に見られますが、これも南方系です。
ナガサキアゲハも見かけるようになりました。

ということは、わけのわからぬ見たこともない害虫も北上してきているだろうと想像できます。
あるいは昨今の異常気象の前兆として南方系のチョウが舞い始めているのかもしれません。

ま、そんなことをいつも考えているわけではありません。
素敵なチョウが来たなと喜んでアップしました。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント