FC2ブログ

★バスルームのシャコバサボテン

シャコバ
  右:赤花シャコバサボテン  中央:白花シャコバサボテン  左:なんだったかなぁ

何有荘のバスルームは南面しており、工務店の設計担当者や当時ようやく出始めた家屋設計の支援ソフトでも推奨されなかった配置です。施主の意向ということで無理やり実行しました。
単に、夜空の月を見ながらお風呂に入りたい――という単なるわがままなのですが。

南面しているので日中の日差しが入り、バスルームは温室状態になります。
バスルームも二重ガラス窓になっているのに、それでも入浴中は窓からはコールドドラフトと呼ばれる冷気が舞い降りてきます。
二重ガラス窓のせいよりも、サッシの問題じゃないかと思っていますが、それは別の話題。
それで冷気遮断の簡易パネルを窓際に設設置しているのが画像からも確認できるでしょう。

バスルーム限らず、冬場の室温管理には窓からの温度流失をブロックすることが有効です。
こたつの場合には、床からの温度流失に考慮すべきです。

21世紀が始まる頃、理想の場所に理想の家を建てることを考えていました。
現実と妥協しながら今の何有荘になりました。
今、外気温は3℃ですが室温は暖房装置なしで19℃あります。
というのも「太陽熱暖房」のおかげです。

日中、屋根は太陽の光熱を浴びて熱くなります。そこで熱せられた空気を集めて床下に送風機で送って蓄熱し、室内暖房にするという床暖房のシステムです。
それで、冬には暖房用の石油を確保するという面倒から解放されました。

トイレも脱衣場も全館太陽熱暖房ですからヒートショックはありません。
今から思えば、イニシャルコストはかかりましたが、暮らしやすい家だと思っています。

画像のシャコバサボテンはサボテンの仲間ですから、寒冷地は苦手。
短日性といって、日照時間が短くなると花が咲く仲間です。
何有荘のバスルームでぬくぬくと花開きました。
月を見るには適さぬ季節ですが、風呂に入るのが楽しみになるアイテムです。

植物って不思議ですね。
環境さえ整えば何年でも生き延びる種類がある。
シャコバサボテンもそんな一種です。もう何年バスルームでその季節になると花が咲きます。
何か考えてしまいます。
その時節に合えば花開くものを、環境が整わねば枯れてしまう。

たぶん、私たちの人生もいたずらに朽ち果てた人もいたんだろうな、と。
平成最後の年末だとかでTVでは様々な人間模様が放映されています。
なんでそんな人生だったのだろうかと考えてしまいます。

もしも来年が今年より良い年になるならば、何がその人の人生に足りなかったのかを皆が考えることから始まるのでしょう。

 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント