FC2ブログ

★むかわ町で発見されたむかわ竜は無事だったのだろうか

0028148586[1]
   9月4日に公開され、6日の大地震に遭遇した

2003年にむかわ町内で発見された化石は、約7200万年前(白亜紀後期)の大型草食恐竜の化石で、むかわ竜と命名されました。

約6トンの岩石から丁寧に化石だけが取り出され、数えてみると157個。並べてみるとなんと全身骨格の約6割。推定体長8メートルの化石と判明しました。
研究の結果、どうやら新種らしい。
その骨格が今年2018年の9月4日に公開され、5日の新聞に載りました。

ところが6日の大震災で死者41人。むかわ町は震源の厚真町の隣町ですから、同町の博物館も甚大な被害を被っただろうと想像しますが、TVも新聞も一言も報道していないように思えます。
命が最優先。貴重な建造物の被害は少しは報道されます。
しかし、化石なんか、てなことで無視されているとすれば残念なことです。

今年の自然災害はひどいですね。
地震は防ぎようがありませんが、被害は工夫次第で減殺することができるはずです。
土砂崩れにせよ、河川の氾濫にせよ、現代の科学技術をもってすれば大幅な改善が見込まれます。
治山治水は国の根幹。
国民の生命財産を自然災害から守ることに政治家はもっと関心を払い、予算をつぎ込むべきだと思っています。


 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます