FC2ブログ

★ツバメの巣立ち、ヒナはもうだいぶ大きくなった

ツバメ
     太東郵便局のバックヤードにて

子どもだったころ、川崎にもツバメが来て商店街を疾走していたことを思い出します。
都会地ではほとんどツバメを見かけなくなりましたが、いすみ市ではまだツバメがたくさんいます。
この近くで一番多く見かけるのは長者町商店街で、目にもとまらぬ速さで行き来しています。
よく見ると軒先に巣がある商店があります。
ここは良い地域だとツバメは思っているのでしょう。

ツバメは人と共生する鳥だと言われます。
人を恐れず、人家の軒先に巣を作るのは、外敵がそこまで侵入してくることがないことを知っているからだと言います。
その返礼として、軒を貸してくれたお宅には幸福が訪れると言い伝えられてきましたが、
最近はそんなことは信じない人が増え、フンが落ちて迷惑だからとして,巣を撤去する人が増えました。
昨年まで巣立ちが見られた場所で巣が撤去されているところも多くありました。
残念なことです。

今年のツバメは少ないのだろうかと心配していましたが、
なんのなんの、先日、百羽を超える大群に何有荘前で出会いました。
たぶん第1回目の子育てがうまくいき、南に帰る日のための集団飛行訓練を始めたのだと思います。

何有荘前は大正堰というため池があり、そのすぐ隣が太東崎の台地なので起伏に富んでおり、気流に乗り、気流を読み、急降下、水平飛行、急転回などの訓練をしているように思えます。
何せすごい数のツバメが夕方になると集まってきます。

しかしね。いつも不思議に思うのです。
誰が生徒か、先生か?――
なんとなく夕方に集まってきて、何となく日没とともに去っていく――ように見えます。

さて画像の件ですが、ツバメは年に2度3度卵を産み子育てするそうです。
ヒナの大きさからすると、たぶん2度目の子どもでしょう。
もう巣立ちも間もなくの様子がうかがえます。

先輩たちはもう集団飛行を始めていますからね。
早く一人前になり、先輩に追いつくことを望みます。

季節を表す二十四節季に 『玄鳥去 ツバメサル 』があります。
9/18~9/22ですからまだ日にちがありますが、夏の渡り鳥であるツバメが去る頃とされています。
今年は六月に梅雨が明け、ずっと猛暑が続いていますから、それがツバメが去る日程にどのように影響するのか。
ツバメのリーダーがどのように判断するのか、今年はちょっと気をつかってみるつもりです。


 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント