FC2ブログ

★岬町の花、スカシユリ全開

スカシユリ2
    太東海浜植物群落指定地にて

今日までの三日間は猛烈な暑さが予告されていましたが、予告通り朝から30℃を越え、昼過ぎには34℃を超えました。
こういう暑さの日は水風呂にでも入り、午後は昼寝に限りますが、西日本の被災地の皆さんやボランティアの皆さんは水道水さえない中でご苦労していると思うと、何と言ったらよいのか言葉に詰まります。

倉敷市真備町の人が、「死んだ祖父から昔、2階から船で救出されたという話を聞いていたので早めに避難して助かった」と話していました。
所によっては4~5mの浸水だったそうですから、昔からの言い伝えは大切です。

政治の基本は古代中国の時代から、治山治水だと聞いたことがあります。
小田川の付け替え工事は50年も前に計画されていたのに実行されなかったのは、お金がなかったからでしょう。
正確にはお金はあったが、予算の優先順位で後回しにされ続けてきたということです。
国民の命と財産を守る治山治水が後回しにされてきたのが、今日の政治の実態かと思うと、ちょっとねぇと考えてしまいます。

真備町は「まびちょう」と読むようですが、奈良時代の政治家・吉備真備(きびのまきび)と関係あるのかと調べてみたら、かの政治家の出身地だそうです。
今時、真備で「まきび」と読むのは難しいから、「まび」と読ませるようです。

さて、画像の海浜植物群落地ですが、2011年の東日本大震災の際は津波に襲われた場所です。
今はまったくその痕跡を感じません。
315年前の元禄大地震とその直後の大津波にも襲われたはずですが、自然の回復力はすごいなと思います。

ひるがえって人間のことを考えると、災害で生命財産を失った人、その親族や関係者の受けた打撃は何年たっても回復しないでしょう。
理不尽な不幸に泣く人を最小限にするために、まだまだできることが、たくさんあるような気がしています。
記憶を記録にとどめ、その事実を忘れないように伝承することもその一つでしょう。


 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント