FC2ブログ

★房総沖、スロースリップの地震だって

スロースリップ
    地盤が南東に6.5cmずれた

6月12日の明け方、震度3の地震があり、ちょっと驚きました。

11日に政府の地震調査会から『房総沖でスロースリップが頻発しているので注意を要する』との発表があり、翌12日に震度3の地震があったので、調査会委員長が 「きのうの会合で指摘したとおりに地震が起きた」 となかば自慢げにコメントしていました。

そして14日にも地震があったので、あわててこの1か月の地震を調べてみました。
房総沖では震度1の地震が4回、震度2が4回、震度3が2回。
頻発していると言えるでしょう。

――千葉県の房総沖は、陸側のプレートがフィリピン海プレートに沈み込んでいる。ここでは、境界面がゆっくりと滑るスロースリップ現象が数年おきに発生しており、そのたびに周辺の地震活動が活発になっている。――

つまり、活動期と休眠期があり、今が活動期だという指摘です。
ふたたび休眠するか、それとも大きな地震の前触れなのか、その指摘はありません。
『今後比較的大きな地震が起きる可能性』があるとして注意を呼び掛けているだけです。

甚大な被害を出した3.11、あるいは2016年の大分・熊本地震。
次は南海トラフの巨大地震かと警告されています。
その陰に隠れて房総沖、相模湾、東京直下の地震はちょっと緊迫感が薄れていました。

米と味噌があるので最低限の飢えはしのげそうです。冷蔵庫にはなにがしの食料が入っています。
水、ガスボンベ、乾電池を点検しました。
3.11の時はいすみ市でも多少の津波がありましたが、たいした被害ではありませんでした。
困ったのは、どこのガソリンスタンドも長蛇の列で、いつ給油できるかおぼつかないことでした。
それで、100km程度は走れる量のガソリンはいつも車に残量があるようにしています。

携帯の充電も常にアンテナ3本立っているようにしないとね。
残量がなくて通話が突然プッツリ切れてしまった経験があります。

いくら準備してもダメな時はダメですが、備えもせずに討ち死にとは愚かなことです。
この原稿を書いているたった今、震度3の地震がありました。
震源は隣町の一宮。一宮と長南町が震度4。

あ、また揺れました。
なんとか休眠期に入ってほしいと思っています。
あ、またまた地震。
これで本日は震度3,2,3の3連続。
1か月で13回。ちょっと不安になります。


 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント