★太東崎のハマヒルガオ

ハマヒルガオ
     砂丘に大群落と言いたいところだけれど

そろそろハマヒルガオの見ごろと思って夷隅川北岸の海岸に出かけてみたら、 なんと今年はもう最盛期を過ぎていました。
いつもは砂浜を埋め尽くすように咲いているのですが、今年はちょぼちょぼ。
しかも約半数は咲き終わった景色でした。
桜が早かったようにハマヒルガオも咲く時期が早かったようです。

「太東植物群落」に設置された看板によればハマヒルガオは5月6月の花とされています。
まだ5月中旬なのに これでは6月になったらどうなるのでしょう。
おもわず期待外れの観光地ランキングが頭をよぎりました。
高知のはりまや橋や札幌の時計台が毎年上位にランキングされています。

それでも私たち以外に釣り人が二人しかいない広大な海岸に大波が押しては引く単調なざわめきが繰り返され、海は広いし、空は青く大きく雲一つなく、散歩していると清々しい気持ちになります。
昨年は揚げ雲雀が鳴いていたのですが、今年は聞けなかったのがちょっと残念です。

気を取り直して足元を見れば、紫色の花を咲かせるハマエンドウ、奇妙な形のコウボウムギ、ハマボウフウなどの海浜植物が見つかり、うれしく思いました。
観光地化されていない浜辺って今は貴重な存在のようです。

国定公園の一画で天然記念物指定第1号の栄誉を担っている「太東植物群落」の最大のウリであるスカシユリは順調に育っていました。
花咲くのは7月ですが今年は早くなることも考えに入れておきましょう。
スカシユリの時期は、がっかり観光地ではない自然のお花畑を見ることができる雰囲気でした。

こんな素晴らしい景色がその時期にだけ出現する――それを実際に楽しみにしている地元の人は意外と少ないようです。
わたしも川崎に住んでいた時、川崎大師に出かけることはめったにありませんでした。
いつでも行けると思うと地元ゆえにかえっておろそかになるのかもしれません。


 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント