★雑草? いえ薬草です。――スギナ

スギナ茶
      乾燥させ、ティーにするスギナ

スギナは強雑草で、抜いても抜いても抜ききれず、そのうち根負けしてスギナだらけになります。
一方で、せっかく植えたのに消えてしまった植物もあります。
スギナにとって居心地の良い土壌であり、消えてしまった植物にとっては居心地の悪い土壌だったのでしょう。

スギナは酸性土壌に生えるから石灰をまくなりして中性・アルカリ性土壌にすれば生えてこない、などと説明するサイトもありますが、おっとどっこい、そうは問屋が卸さない。
そこが強雑草たるゆえん。
今のところ全削除はお手上げ状態。

漢方によれば、最強のスギナは最強の漢方薬だと言います。
それならば刈ったスギナを漢方薬として利用すればよい。
漢方だなんて、そんな末香くさいのはイヤダ、という人にはハーブだと説明すれば良いでしょうか。
欧州では昔から有名な薬草・ハーブなのだそうです。

何回か水洗いして日乾し乾燥させます。
完全に乾燥させないと、保存中にかびたりします。
使うときは1~2cm程度に刻んで、ティーバックに詰めて利用します。
1リットルに大匙2杯程度でしょうか。粉が混ざってもOKです。
沸騰したら弱火にして5分で出来上がり。
マイルドな味のスギナティーをご賞味ください。
和風・洋風どちらのスウィーツにも合います。


さて、生ごみをなるべく出さないという観点から、刈った雑草もその場で処理という方法を採用しています。スギナも同じ。
育てた野菜の周囲に生えた雑草は、刈ったらその場に横たえて腐朽させる。地面から生まれたものは地面に返すという考え方です。
そうするとダンゴムシやら何やら大活躍して自然に戻す作業をしてくれます。
ダンゴムシは不快害虫? とんでもない。畑や自然の掃除屋さんです。
自然に戻すべきものは戻しますが、元気ハツラツな野菜には無害です。

畑には連作障害という考え方があります。
同じ土地に同じ作物を植え続けると、うまく育たないという考え方で、ヨーロッパではそれを克服するために三圃式農業が生まれたと高校時代に学びました。

家庭菜園で人気のジャガイモやトマト、豆類も連作障害があると言われています。
でも、あまり気にしません。
狭い土地なのでそんなこと言ったら植え付ける場所がありません。
それをカバーする方法が、上記の雑草全戻しです。

見るからに清々しく野菜がきれいに並んだプロ農家の畑とは真逆の何有荘の畑は雑草だらけ。
スギナだって、なんとまぁ伸び伸びと育っていることか。
スギナに連作障害はないのでしょうか。
いつの日か、スギナにとって居心地の悪い土壌になって消えていく――そんな気の長い、アホな願いを抱きながら庭のスギナと向き合っています。


 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント