FC2ブログ

★薬草は毒草――クサノオウ

クサノオウ
    いすみ市内ではどこにでもある春の野草
 
春になると市内ではあちこちに菜の花が咲いて、心がなごみます。
遠くから見るとまるで 「イリタマゴ」 のようでおいしそうな景色に見えてくるのはきっと 心が卑しいからでしょう。

この時期に菜の花に似た結構悪質な毒草が生えているので要注意です。
黄色の花で4弁ですから、菜の花や近似の十字架植物によく似ています。
菜の花よりもオシベの数がずっと多くて少し大きいので、花の中央部が王冠のように豪華です。
だからといって、この花を手折って花瓶に挿して飾ろうなどと思ってはいけません。

茎や葉を引きちぎるとオレンジ色の汁が出てきます。
これがかぶれる原因です。
昔はこの汁を出来物やイボなどに擦り付けて治療に使う薬草だったそうです。

黄色い液にたんぱく質を溶かす化学物質が含まれているといいます。
したがって、(今時、そんな人はいないと思いますが)食べてしまうとひどい下痢を起こし(だから下剤にも使用されたようです)、量が多いと死に至ることもあるそうです。
触らぬ神に祟りなし――ということでしょう。

見分けるコツは葉です。
葉が菊の葉のような形をしているのですぐわかります。

クサノオウという名前の由来は諸説ありますが
クサというのはカサのことで、クサとかカサは皮膚にできるウミを含む出来物のことです。
オウとは黄のことでしょう。

近現代以前、最も恐れられた伝染病に天然痘がありました。
高熱を発し体中にウミが出る大豆大のブツブツができ、致死率20~50%。
治癒してもケロイド状の皮膚になったり、伊達政宗のように片目を失明したリ…。
そんな時代に毒を以て毒を制すと庶民の間で信仰された薬草だったのだと思います。

あまりに近代化して無機質になった現代では、逆に自然が愛され、自然に親しむ人が増えました。
けれども自然は人間にとって危険な場合があることは留意せねばなりません。


 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント