FC2ブログ

★春の味を楽しむ--天ぷら

初物
   タケノコの天ぷら。フキノトウ。春シイタケ。

里山を整備する月一回活動のボランティアに参加しています。
最近は荒れた竹林も整備することになり、月2回となるとちょっと忙しい。
でも、思わぬ余禄もあります。
それが画像のタケノコ、フキノトウ、シイタケ。

竹林にはもうタケノコが育っています。
まだ顔を出す前の地中のタケノコをすり足で探っていくと見つけられますが、年季が必要。
収穫物はまだ大きくないけれど初物です。新鮮です。
これを「丸ごと焼きタケノコ」にしようかと思いました。
皮を数枚はいで焼きタケノコにし、バター醤油あるいは焼き味噌で食べるのが一番ワイルドで美味しいと思います。

しかし、里山で採れたフキノトウとシイタケを天ぷらにするついでにタケノコも天ぷらにしました。
皮を全部はいで裸にし、薄切りにして天ぷらにしました。
これが正解でした。
タケノコが甘いのです。甘味があっておいしいのです。初めての味です。

山菜はアクが強くても天ぷらにすると食べられるのと同様に、タケノコもアクがあっても天ぷらにすればOKだとは知っていました。
けれど初物を天ぷらにしたことはありませんでした。

したことがないことを実行するのは勇気がいりますね。結果が予想できないから。
あまり深く考えずに、適当にやってみてうまくいく場合もあります。
初物タケノコは天ぷらだ―――記憶に刻まれました。

ちなみに味付けは天つゆではなく塩。
ほんのちょっとの塩は味をひきたてます。


 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント