FC2ブログ

★ザゼンソウ花咲く

ザゼンソウ
  いすみ市のとある湿地帯にて

ザゼンソウ(座禅草)を初めて見たのは尾瀬で、まだ残雪がたっぷりでしたから、5月の連休のころだったのでしょう。ずいぶん昔のことです。

木道の隙間から顔を出していました。雪原だと、そこだけ雪が解けて顔を出しています。
後から知ったことですが、開花する際に発熱する植物だそうで、25℃にもなるそうです。
なるほど、だから雪を割って芽生えてくるのかと感心した覚えがあります。

茶色のドームの真ん中に金色に輝く仏さまが鎮座していらっしゃるみたいだと昔の人は思ったのでしょう。それで座禅草。
座禅を組んだ達磨さんだと見た人は達磨草と名付けました。

茶色のドームは専門的には 「仏炎苞 ブツエンホウ」 といいます。
仏像の光背のような火炎のような形だからです。
仏さまに当たる部分は 「肉穂花序 ニクスイカジョ」 といい、これが花です。

尾瀬では水芭蕉のころに座禅草をみかけますが、水芭蕉も座禅草と同じく仏炎苞と肉穂花序を持っています。
水芭蕉の仏炎苞は純白ですから良く目立って人気があります。

最近では水芭蕉によく似た外国生まれの園芸品種が花屋さんで売りに出ています。
何有荘の庭にもいつの間にかカラーが育っていますが、これも同じサトイモ科の仲間です。

里芋の花など見たことはありませんが、仏炎苞と肉穂花序を持っているサトイモ科の野草は田舎には多い。ウラシマソウやマムシグサなど。

それにしても山岳地帯に人知れず咲くザゼンソウがいすみ市に咲くのは不思議です。
きっと誰かさんが植えたものでしょう。
それが湿地帯という場所を得て今年も咲いたのだと思います。

湿地帯って不毛の荒れ地とみなされがちですが、多様な植生を守るためには今や貴重な土地だと言えるのでしょう。


 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント