FC2ブログ

★寒くて乾燥した日のお昼はあったかな麺類

ラーメン狐ソバ
   左:ラーメン                            右:狐ソバ

今朝(2/9)は寒かったですね。6:00amの外気温は-2℃。外房ではめったにない気温です。
もっとも ピョンチャンの会場は--20℃とうわさされていました。
どうやら開会式の今晩は--5℃だとアナウンスされていますから、冬季五輪も何とかなりそうですね。

さて、外房はラーメン激戦区です。
あちこち出かけ味見しましたが、最近はスーパーで売っている袋麺を自宅で賞味することが多い。
左のラーメンの具のうち、チャーシューと味付き卵は自家製です。
冷蔵庫の残った野菜を使って美味しいラーメンができました。
袋麺も最近は多種多様になり、おいしくなりました。
飽きないように違う種類を試すのが楽しみです。安いですし。

右のお蕎麦は地元の知人から頂いた蕎麦を使ったキツネ蕎麦。
知人は余暇を生かして蕎麦道に励んでおり、最近は人気が出てきてうれしい悲鳴だそうです。

退職してパン屋さんを開いた「あん里山」さんと地元のチーズ工房「よじゅえもん」さんが協力して開設した 『蕎麦好楽』 は採算を度外視した、いわば趣味の会です。

その協力会員である知人から「常陸秋蕎麦」の新蕎麦が差し入れされました。
さっそくキツネで頂きました。キツネ用の油揚げなんて最近はスーパーにあるので便利です。

味良く、香り良く、歯ごたえ良く、のど越し良く、庭のユズも散らして、あゝおいしい。
知人は何有荘の味噌作りの生徒さんですから、授業料代わりに蕎麦の差し入れだったと思います。
都会生活をサラバして田舎に暮らしてみると、田舎にはその道の達人がたくさんいて、都会では経験できないことがゴロゴロとがっているなと実感します。

物々交換が普通の世界、多少の損得よりも人間関係の豊かさが優先される地域社会、そんな風習が生きている社会だなんて、幸せな社会だと思います。


 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント