FC2ブログ

★今シーズンの初雪、そして快晴・厳寒

雪景色
   庭の景色。積雪3cm

東京は22日(月)昼頃から雪が降り始め、23日(火)明け方にかけて大雪(都内で積雪10cm)となる恐れがあると何日も前からTVは大騒ぎ。
いすみ市の予報では、夜遅くなってから短時間の降雪でしたが、夕方から激しく降り始め、翌朝になったら一面の雪景色でした。

汚い庭も雪化粧で美しく見えます。
年に1度あるかないかの雪ですから、犬じゃなくとも喜びたくなります。
長靴をはいて外に出てみると
犬の足跡、人間の足跡がありました。もう散歩した人がいるのでしょう。
新雪に自分の足跡をつけて歩くのは愉快なことです。

その足跡の中には猫の足跡もあり、鳥の足跡もあり、
そして不愉快な足跡を発見しました。
     足跡

キョンの足跡です。
二本の爪痕がくっきり残っています。
キョンは小型の鹿で、房総の某動物園が閉鎖されるときに、飼育員によって檻から放たれたとウワサされています。
いまや房総で大繁殖して農作物や家庭菜園、庭の花などに大きな被害を与えています。

何有荘近辺では、昨年あたりから夜になると不気味な鳴き声が聞こえるようになりました。
実物は見たことはなかったのですが、足跡が続いていたので間違いなく、近辺にウロウロしています。

さて話題は変わります。
1月末の雪と言えば忠臣蔵が想い出されます。
時は元禄15年12月14日 と語られますが当時は旧暦。
現代の暦に合わせれば、1703年1月 30日未明に大石以下赤穂浪士47人が吉良邸に侵入し、吉良上野介を討ちとった事件です。

旧暦14日はほぼ満月。未明には雪が止み、月が見えたようです。
すると月明かりが雪の庭に反射して吉良邸はかなり明るかった可能性があります。
昔の人は暗がりにも強い目を持っていました。
なにせ月明かりやホタルの光で勉強したという中国の伝説もありますから(蛍雪の功)

話はまた現代に戻って
黒潮大蛇行の影響で発生した南岸低気圧が通り過ぎ去ってしまうと関東地方はあっという間に晴れ渡り、連日の快晴が続いています。
上空に居座った寒冷気団と放射冷却で、氷点下になるすごい寒さが続いています。

すると討ち入りの時には雪がやんでいて月が見えたという設定は必ずしもフィクションとは言えないのかもしれません。(カッコよすぎるシチュエーションですが)
本所の吉良屋敷から高輪の泉岳寺まで日本晴れの中を凱旋行進というのもあり得たなと思った次第です。


 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント