★年末の花が年始の花に――ロウバイ

 ロウバイ
   連日の快晴にロウバイが輝いて見えます。

陽の光を浴びて半透明で黄色い花びらはまるで作り物、ロウ細工のような気さえします。
近くによれば上品な花の香が漂います。
新年最初の美しい花です。

江戸時代初期に中国から渡来したそうで、蝋梅という中国名を日本式に発音して「ロウバイ」
和名は唐梅 カラウメ だけど、この花をカラウメと呼ぶ人は聞いたことがありません。

立春を前にした今の時期が1年で一番寒く、立春2月4日が二十四節気では春の始まり。
旧暦は新月から始まるので、今年の旧暦1月元旦、春節は2月16日。
つまり、ロウバイは春節の前、今の時期、旧暦の12月に咲く花です。

旧暦の12月の別名が師走 シワス であることは良く知られていますが、臘月(ろうげつ)ともいいます。
ロウゲツは歳時記でも寒の時期の語句です。
ロウゲツに咲く梅のような花だからロウバイというのでしょう。

調べてみると、
臘は合の意味で、新旧がつなぎあわされる時として、天地、神霊、祖先をいっしょに「合祭」する「臘祭」と称された古代の行事があった――とありました。

新旧が接続する大事な日が12月と1月だという考え方は、1月の英語名 January に通じます。
January はローマの「戸」の神様 Janus ヤ-ヌス に由来し、戸の内と外を見守る神様で、内と外の二つの顔を持っています。
外敵に向ける顔は厳しく、内側の家族に向ける顔は優しい。

ヤヌスはまた過ぎた年月を見つめ、来るべき日々を見つめているので1月の神様にふさわしい。
ヤヌス神殿というのがローマにあり、その戸が閉じられている時は平和で、開かれると、つまり軍馬が出撃すると戦時だと言われます。

今年のセンター試験の世界史の第1問は、ヤヌス神殿の戸が開きっぱなしになるのはいつかと問うような設問がありました。
今の受験生は気の毒だなと思いました。
ヤヌス神殿の知識が受験生や高校生に必要だと思って出題されたのでしょうか。

出題者の意図を忖度すれば、ヤヌス神殿など知らなくとも、ローマが常に戦争をしていた時代を答えればよいわけですが、ひねりすぎのいやらしい設問だと思いました。

まぁそれはともかく、日本にもヤヌス神殿があるとすれば、その戸を開きたがっているのがアベッチで、庶民は必死になってその「戸」を閉じようとしている構図でしょうか。

戸の神様ヤヌスは首相の方をじっと見つめ、庶民の側をも見つめています。
けっきょく戸を開くか閉じるか、人間が決めることです。
2018年は憲法9条がどうなるか、ヤヌスはじっと過去と未来を見つめていることでしょう。
そして人間のあれこれに構わず、ロウバイは今年もきれいな花を咲かせました。



 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント