★太陽熱暖房はすごい

 外気温 室温
   今朝の外気温(左)と室温(右)

何有荘はできるだけ自然のエネルギーを使う仕様にしています。
冷房装置(エアコン)がないのは勿論ですが、冬場は太陽熱暖房が大活躍しています。

画像は今朝(12/14)午前4:00頃の太陽熱コントロールパネルです。
外気温は2℃。この時点での室温は19℃。
石油などの補助暖房装置を使わないで、この室温が得られれば「御」の字です。

昼間、太陽が屋根を暖め、その熱をダクトを通じて床下のコンクリに送って蓄熱し、
夜間はそのコンクリから徐々に自然放熱して朝を迎えます。
朝日が屋根を暖めるまでが一番寒い時間帯です。

一番困るのは数日間、曇りや雨で太陽が姿を見せない時。
室温は下がり続けます。
しょうがない、そういう時は電気ファンヒーターを使わざるを得ません。
太陽さえ出ていれば使わないですむのに…と愚痴りたくなります。

太陽熱暖房で一番良いことは、床下から暖気が各部屋に供給されること。
トイレも風呂場も寒くありません。
つまりヒートショックの危険がありません。
最近の年寄りの事故死で一番多いのが、温かい場所から冷たい場所に移動した時のヒートショックで、なんと交通事故死の4倍だそうです。

もう一つ困ることは室内が乾燥気味に推移することですが、なんとか工夫しています。
結露に悩まされることがないのは良いことですが…。

OMソーラーという特殊な工法で建てた家で、イニシャルコストがかかりました。
しかしガス代、石油代ゼロ。電気代もわずか。ランニングコストがほとんどかからないのは年金生活者にはありがたいことです。

典型的な冬型気圧配置が続き、日本海側は雪で大荒れ、房総は快晴。
昨晩はふたご座流星群だとか。寒さをこらえて夜空を見ていたら二つ三つ眺められました。
今朝も朝から良い天気。
きっと何か良いことがあるでしょう。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント