FC2ブログ

★手作り加湿器

加湿器
   左から、キチンペーパーを折りたたんで。コーヒー粕。ヒヤシンス水栽培

昨夜はみぞれでしたが連日の好天気で、今日も夕方は富士山がくっきりです。
好天だと、屋根の上の太陽光パネルが発電をし、屋根の太陽熱を利用した暖房で助かります。
でも、困ることがあります。
空気がどんどん乾燥し、ついに室内湿度は30%を切り、20%に近くなりました。

こうなると唇までもガオガビに乾燥してしまいます。
それで加湿器はフル活動。湿らせたタオルを何枚も干したりと工夫していますが
お手元用、テーブルに置く加湿器を工夫してみました。

画像左はキッチンタオルを折りたたんでコーヒーカップに入れたもの。
カップの中の水を吸い上げて蒸散加湿しようという作戦。
キッチンタオルは水を吸うとヨレヨレになってしまうから、紙のコーヒーフィルターの方が丈夫で実用的だと思いました。

画像中央は朝、コーヒーを飲んだ後のかすを器に盛ったもの。そのまま蒸散乾燥させれば良いので簡単です。
乾燥すれば、脱臭剤などに再利用します。

右側はホームセンターで買ってきたヒヤシンスの水栽培セット。
室内に観葉植物も置いてあり、水を遣って葉から蒸散作用を期待していますが、それに加えて水栽培という趣向です。
しかし、このセットからの蒸散量はたいしたことはありません。まぁ、気休め程度です。

人工的に加湿するのは大変だという実感です。
なかなか目標値の40%になりません。
となると、室温が暖かくなっていて外気の湿度が高い時に、室内の空気を全とっかえするほうが早いかもしれません。
例えば明日の正午の予想湿度は62%ですからね。

空気を全とっかえしても、室内本体が温まっていれば、意外と早く室温は元にもどります。
高気密・高断熱の家は、室内に閉じこもっていないで、時々、窓を全開して空気の総入れ替えをした方が健康には良いことでしょう。


 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント